人の話は、「聴いて」から、「聞く」

先日、30歳になりました。

20代の後半は、長い間、どのようにしたら人生における「軽さ」を得ることができるのかということをずっと考えてきて、

30歳の今、一番興味があることは、

他者との「違い (differance)」を、いかに「多様 (diversity)」と捉えられかということ。

簡単にいってしまうと、

私とAさん、二人の間の「違い」は、

3人目のBさんが入ってきた途端に、

私とAさんとBさんの「多様」として捉えることができるということ。

日本のような単一民族国家にいると、これはよりいっそう捉えにくい感覚だと思うのだが、

フランスのような多民族国家にいても、端的にしか、他者との違いを「違い」としてしか捉えられない場合が多い。

例えば、恋人と一対一の関係にあったとして、

その恋人を他者として捉えた時に生じるものを、

「違い」と捉えるか、あえて、「多様」と捉えるかで付き合い方が非常に変わってくる。

ふたりの関係においても、「多様」を認められるということは、

単純に「主体」が変わってくるということ。

「違い」をフィーチャーする限り、主体は「私」である。

ただ、「多様」の主体に、「私」はなることができない。

「多様」における「私」は、あくまでも、複数の中のひとりにすぎないのだ。

 

そんなことを考えながら、誕生日を迎えた私に、空から降ってきたようなプレゼントは、

2015年に初演を迎えた、ジェローム・ベルの『GALA』

https://www.theatredurondpoint.fr/spectacle/gala/

 

アマチュアからプロのダンサーまで、様々な性別、年齢、身体を持つ出演者で構成されるこの作品、

なんと、2018年1月、地元埼玉で上演されるようです。

 

ジェローム・ベル 『Galaーガラ』@彩の国さいたま芸術劇場

彼らの脅威の存在感とパフォーマンスは、

プロの俳優にとっても、「大事件」になること間違いなし。

まさに、他者との「違い」を、頭ではなく、経験として、

「多様」と捉えることのできる、恐ろしいほどに秀逸な作品。

 

20代は、アクセル全開。

いろんな人に出会って、いろんなものに出会って、

失敗しても、原因追究にかける時間もないまま、

また突っ走って、失敗した。

例えば、他者と分かり合えないときに、

すぐに、話し合うこと、

自分の意見を伝えることが、正義だと思って生きてきて、

ただ、ここにきて、

この自分の信じてきた「正義」に対して、行き詰まりを感じていた。

 

そこで、30代は、「ブレーキ」の機能を持ってることを思い出す。

他者との「違い」を「多様」と捉えるとはどういうことか。

それは、主体を「自分」ではなく、「他者」おくこと。

いったん、ブレーキを踏んで、

相手の環境、状況、そして、価値観に心を傾けてから、

相手の意見を聞く。

昔、小学校の先生が、人の話は、耳ではなく、心で聞け、と言っていたのを思い出す。

それは、「違い」を「多様」に置き換える作業だったのかと思う。

人の意見を、ちゃんと聞くための準備。

その準備をするために、そっとブレーキを踏む。

 

人の話は、「聴いて」から、「聞く」

 

「違い」を認めることは、なかなか難しい。

でも、「多様」となれば、認めないわけにはいかない。

なぜなら、その中に、自分も含まれるのだから。

 

30歳の貫禄が、全くみられない私。

お誕生日のメッセージありがとうございました。

スクリーンショット 2017-10-11 8.57.05.png

 

 

 

広告

海外でアジア人としてキャスティングされたら負け組?

2017-2018シーズン、一本目の作品は、

日本人の役で、日本語での出演です。

 

もともと、フランス人によりフランス語で書かれた作品を日本語に翻訳しての上演。

演出家もフランス人なので、稽古はすべてフランス語。

共演者には、フランス人も日本人もいて、

常時、二ヶ国語で進行するリハーサルに、頭が破裂しそう。

この作品のリハーサルが始まって一週間で、1日の平均睡眠時間が9時間になっていて愕然。

 

ところで、フランスと日本の俳優業界を比較した時、

国籍、言語、人種によるキャスティングが存在するというところが、

ひとつの大きな違いとしてあげられるだろう。

これは、移民が多いフランスだから、とも言えるし、

他言語、多文化から形成されるヨーロッパに位置するから、とも言える。

簡単に言っていってしまえば、

「アジア人限定」(肌の色)

「日本語しゃべれる人限定」(言語)

というオーディションが数多く存在するということになる。

いずれにしろ、フランスで仕事をする限り、関わるスタッフ等はフランス人なわけだから、

これらにプラスして、フランス語が話せるということが条件になってくる。

 

つい最近受けたオーディションも、

20世紀初頭、アメリカに渡った日本人女性たちを題材にした作品をフランス語で上演するというものであった。

この場合、台詞は、フランス語で、日本人(アジア人)の外見が必要ということである。

オーディションに来ていた俳優の半数以上が、

フランスで生まれ、フランス語を母国語とする、アジア人。

フランスに来て、15年近くになるという日本人たちもいる。

わざわざハンディーキャップのある第二言語で演劇をしている私にとっては、

アジア人の外見を保ちながら、

フランス語と、アジア圏の言語を流暢に話す彼らに対し、羨望しかないのだけれど、彼らには彼らの悩みがいろいろあるのだという。

オーディション中は、もちろん、フランス語でコミュニケーションを取っていたので、

会場を出た途端に、「どこで生まれたの?」「母国語は?」という質問が飛び交う。

 

モンペリエの学校で、

フランス人生徒10人の中で日本人生徒1人という環境で戦っていた頃は、

フランス語にしても、アクセントを消そうとしてみたり、

日本人の役は絶対やりたくなかったり、

ましてや、日本語を舞台で話すなんて絶対に嫌だった。

なぜか、「負け」というか、「屈辱」だと思っていた。

 

卒業して、仕事として、演劇と付き合うようになった途端、

自分でもびっくりしてしまうほど、何も気にならなくなった。

正直、マイノリティの要素を持っているおかげで、仕事がくることもある。

 

演劇は、人間をつかった芸術であり、

芸術は、常に社会の縮図的な役割を抱えている。

 

俳優をやっているなんていうと、

今の時代でも、

外見に自信がある人なのかと思われることもあるのが現実。

 

美男美女と同じくらい、平凡な顔だって必要だし、

モデルみたいな体型を持つ人と同じくらい、ぽっちゃりした人だって必要。

肌が黒い人も、白い人も、黄色い人も必要。

日本語を母国語としてしゃべる人も、

フランス語を母国語としてしゃべるアジア人も、

どんなに頑張ってもフランス語のアクセントが抜けない私も、

みんな必要。

 

日本で俳優をしていると、他者と比べることのできる特質(外見、体型、体力など)を伸ばすことに、

エネルギーを使ってしまいがちなのだけれど、

実は、自分のコンプレックスと向き合って、その特性を伸ばしていくことのほうが近道だったりもするのかも。

それは、苦しい作業だけれど、

そもそも俳優の仕事は、

一生をかけて、紙の履歴書が必要なくなっていくこと、

つまり、身体ひとつあれば、自分を商品として紹介できますよ、

という領域にいくことなのだと、出会いを重ね実感する。

 

というわけで、外見で勝負してもしょうがない私は、

最近は、オーディションもすっぴんでいく、

腹の据わりよう。

FullSizeRender 3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

「いい俳優」なんて存在しない説。

大変遅くなりましたが、Q『妖精の問題』竹中香子一人芝居、無事終了致しました。

http://qqq-qqq-qqq.com/?page_id=1166

 

今までも、ソロの作品は作ってきたが、

初めて、人の書いた本で、人の演出でのソロだった。

ここまで誰かと密にひとつの作品に向き合ったことも初めてだったと思う。

 

6年ぶりの日本語での公演で、自分でも驚愕するほど台詞に苦戦し、

演出家に求められることも満足にできないし、

もう本当に今回は続けられないと決断さざるを得ないと考える時期もあった。

俳優として、クリエーションの段階で、できないことをできないとあきらめたり、

苦しいことを我慢できないことは、努力できないことは「甘え」なのかと悩んでいた時に、

大切な友人に言われた言葉。

 

「苦しんだり努力できないことが、甘えなんじゃなくて。
創造のプロセスがそれでしかないことが、甘えだと思う。」

 

この言葉によって、フランスに渡ってから、私が長い時間をかけて考えてきた、

「いい俳優」とは何かという定義に立ち戻された。

そもそも、俳優は、ほとんどの場合、演出家という存在なしには、存在しない。

カンパニー所属の俳優でない限り、

一人の演出家のみと仕事をする俳優というものは極めて少ない。

俳優が決定的に他のアーティストと違うのは、

「いい俳優」の定義がほとんどの場合、他者に委ねられることでなる。

つまり、ある演出家にとって、最高の俳優が、

他の演出家にとっては、非常に厄介な俳優である可能性があるということ。

「個性」や「天性の才能」と結びつけられやすい俳優という職業だが、

実は、その立場の性質上、「自分がない」くらいがちょうどいい存在なのである。

 

本番があけても、観客の好みもあるわけで、

普遍的な意味での「いい俳優」というものは、出来上がってしまった舞台作品において存在しないのではないか。

ましてや、演出家にとっての「いい俳優」を一概に定めることは不可能。

それでも、俳優のプロフェッショナリズムを肯定したい私が提唱したいのは、

 

「いい俳優」は、クリエーションのプロセスの中にしか、存在しないということである。

 

苦しんだ、努力した先にしか、栄光はないとされるような、

根性をみせることが重要視される、

「我慢の美学」を推奨する日本社会において、

芸術の世界もその一端を担っていると思う。

苦しい時に、力を発揮しなくてはいけないのは、

我慢するためでなく、

その状況を変えること。

 

「苦しんだり努力できないことが、甘えなんじゃなくて。
創造のプロセスがそれでしかないことが、甘えだと思う。」

 

私の友人の言葉を借りるなら、

苦しみを我慢することこそが、創造のプロセスにいて、「甘え」ということになる。

つまり、「いい俳優」「プロの俳優」とは、

このような創作プロセスにおいて、甘えない、我慢しないで、状況を突破していくことができることが、前提条件として必要になってくる。

そして、その解決策は、大概の場合、コミュニケーションにある。

 

と、振り返ってみれば、スマートにまとめることはできても、

実際、クリエーションの渦中にいる時は、

ただもがき苦しむだけ、というのが現実である。

 

経験したことはないものの、まさに、出産の苦しみ。

何かを産み出すということは、

こんなにも苦しいものなのだ。

そして、産み出す作業に、経験も慣れも通用しない。

 

二人目の子どもを産む時も、

一人目の子どもを産む時と同じくらい苦しむように、

何回も産んでいるからといって、

苦しみが軽減されないのが、出産であり、作品を産み出すということなのだと思う。

 

結局は最後は、ひとりで苦しむことしかできない。

それでも、周りの人(パートナー、演出家)との信頼関係において、

不安は軽減されていく。

 

苦しい時こそ、

自分に嫌気がさすほどに、自分に自信がなくなる時こそ、

やってもやっても、うまくいかない時こそ、

演出家とコミュニケーションをとるべきだし、

飲みに行くべきなのかも。

それを拒否するような演出家に私は出会ったことがないし、

逆に、向こうから気をきかせて誘ってくるような演出家にも会ったことはない。

 

苦しい時こそ、

止まるな。

動け。

 

と、自分への戒めとして、書かせていただきました。

 

『妖精の問題』作・演出の市原佐都子に、

心からの愛と敬意を込めて。

 

21742935_1094328110697217_3550955634001856051_n.jpg

©Mizuki Sato

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹中香子講演会「フランスで舞台に立つために必要なこと:フランス語、演劇学校、そしてプロフェッショナリズム」

8/28 19:00~ @アンスティチュ・フランセ東京

6年前にフランス語が全く喋れない状態で渡仏してからの、

国立演劇学校受験とか、

演劇教育とか、

去年、俳優として仕事を始めてから知った、

フランスの俳優を取り巻く制度と権利についてなどなど、お話させて頂くことになりました。

会場にお越しくださった皆様と一緒に、「俳優を仕事にするってなんだ?」という根本的なところを考える時間となれば嬉しいです◎

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。

よろしくお願いいたします。

 

 


竹中香子 講演会
「フランスで舞台に立つために必要なこと:
フランス語、演劇学校、そしてプロフェッショナリズム」

 

日本の大学卒業後フランスに渡り、日本人として初めてフランスの国立高等演劇学校の課程を修了し、昨年からプロの俳優としてパリのオデオン座などの舞台に立つ竹中香子氏の講演会。
フランス語習得に関わるエピソード(渡仏時にはフランス語力はほとんどゼロだった)、フランスの演劇学校のプログラム、そして職業人としての俳優の問題(舞台人の失業保険制度であるアンテルミタン制度についても)などについてお話頂きます。
講演会後、質疑応答の時間を多めに取る予定です。フランスの俳優事情に関心のある方、フランスへの留学を考えておられる方にお薦めいたします。

http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/conference-kyoko-takenaka/

 

日時:8月28日(月)19時〜21時
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
入場無料・予約不要
主催:日仏演劇協会

 

竹中香子
1987年10月8日生。埼玉県さいたま市出身。2011年3月に桜美林大学総合文化学群演劇専修を卒業後、渡仏。同年9月にパリ15区コンセルヴァトワール(芸術専門学校)入学。2012年にはパリ地方コンセルヴァトワールに入学。2013年、日本人として初めてフランスの国立高等演劇学校の俳優セクションに合格。2016年5月末にモンペリエ国立高等演劇学校(École Nationale Supérieure d’Art Dramatique de Montpellier)の全課程を修了。2016年10月から、2017年6月までフランス国立劇場製作ギヨーム・ヴァンサン演出『夢と変身』に出演し、フランス国内16箇所でツアーを行った。これと並行して、自らが脚本を手がけたソロ作品をフランス人の演出家とともに、「俳優と言語」をテーマに長期的にクリエーションを行っている。

 

IMG_5246.jpg

 

 

落ちても落ち込まないオーディションの受け方

俳優という職業を考えたときに、

常に念頭に置かなくてはいけないことは、

終身雇用、正社員ではないということ。

安定したカンパニーなどに所属しない限り、就活は1回ではなく、半永久となる。

 

そこで、避けては通れないのが「オーディション」という雇用形態。

私は、演劇を本格的にはじめた10年前から、日本でもフランスでも、この「オーディション」というものに、落ちて落ちて落ちまくった。

簡単に言えば、「受け続けていればいつかは受かる」というのは迷信だということを確信できるほどに落ちまくった。

落ちれば落ち込むし、自分には才能がないのだと思って、絶望的な気持ちになる。

幸運にも、立ち直りが異様に早いため、絶望した気持ちをすぐに忘れて、ここまで続けてこれた。

モンペリエの国立演劇学校で過ごした3年間で、パリを拠点に活動する演出家たちとクリエーションを通して知り合うことができたので、卒業後は、オーディションというよりも、人とのつながりで仕事に巡り会う機会があった。

そもそも、オーディション必勝法があるなら、教えて欲しいが、私が、もっと重要だと思うのは、持続性のあるオーディションの受け方。つまりは、落ちても落ち込まないオーディションの受け方なのである。

就活と同じように、オーディションには、決定的なヒエラルキーの構図が存在する。

選ぶ側と選ばれる側。

選ばれる側に残される選択肢は大きく分けてふたつ。

選ぶ側が探しているであろう人材に自分が適していることをアピールするか、

もしくは、自分という人材を的確に見せるか。

前者の場合、権力のヒエラルキーの構図を保った状態で、

自分の俳優としてのテクニックをみせていく必要がある。

大手プロダクションによるオーディションは、たいていこちらの形態がメインとなってくるのだと予想する。

 

私が、注目したいのは、後者の自分という人材を的確に見せたうえで、選ぶ側に彼らの芸術的な面での「コラボレーター」にふさわしいかどうかということを判断させるオーディションである。

30歳を間近にして、一攫千金的なオーディションを受ける気もないし、精神的にも持続可能なオーディションの受け方とは何か。

「コラボレーターに立候補する」、つまり、組織における機能(演出家であるか、俳優であるか)が違うだけで、自立したアーティストであるという認識が必須である。

 

ちなみに、オーディションの内容を見れば、主催側が単に俳優を探しているのか、作品のコラボレーターを探しているのかということは、だいたい見当がつく。

私の場合、そもそも、フランスにいる時点でセリフで勝負できる俳優ではないので、シーンを用意していくようなオーディションにあまり勝算はない。

私が大好きなオーディションは、「作品を用意していく」系である。

あるテーマについての課題が出され、俳優は、そのテーマに沿って自分でリサーチを行い、短い舞台作品を発表する。

選ぶ方としても、どのような経緯でオーディション参加者の作品ができたのかを知りたいため、発表後にかなり親密なダイアローグが生まれる。

 

日本でもよく見かける「ワークショップ形式」も、オーディションが選ぶ選ばれないに関わらず、アーティストにとって、刺激的な場をもたらしてくれるタイプである。

 

そもそも、ここ10年くらいかけて、私が落ちまくりながら発見した、落ち込まない方法とは、まず、前提として、条件に縛られすぎないこと。

与えられた条件を守れば守るほど、

権力によりヒエラルキーを強化することになってしまう。

与えられた課題を発表するときに、少しくらい条件から外れていても、いいものはいい。

自分の世界観を的確なかたちで提供することが先決。

形態にとらわれないことで、不思議と「選ばれている」感が薄れ、「選ばせてやっている」感が芽生えてくるから不思議なものである。

 

もうひとつは、物事を単発で捉えること。

たとえ私が、今までオーディションに落ちまくっていたとしても、それを知っているのは私だけで、履歴書には書かれていない。

そして、ジャッジされているのは、過去でも未来でもなく、紛れもなく現在の自分。

というか、現在「だけ」の自分である。

 

私が想像するに、ある程度のキャリアまで、オーディションというシステムは避けて通れないものだが、ある地点までたどり着けば、「仕事は出会いから」というパターンがほとんど。

つまり、オーディションも、この「仕事は出会いから」地点にたどり着くまでの、人脈を広げるチャンスとも言える。

 

ちなみに、先日最終選考まで行ったオーディションは、

パリを拠点にしたインターナショナルなものだったので、

なんと使用言語は私の最も苦手とする英語。

動機書の時点で、落ちても落ち込まない方法はないかと考え、

動機書自体を作品にした。

motivation letter.jpg

ふざけてると思われたら終わりだと思ったが、

めでたく書類審査を通り、

一次審査のときに、動機書が最高だったと言われ、演出家と笑い合った。

 

俳優をやめる理由はいろいろあると思うけど、

オーディションに受からないからという理由でだけでは、

やめたくない。

俳優うんぬんの前に、いちアーティストとして、

自分の絶望は自分で決めたい。

他人に求められないことで、絶望するなんてもったいなさすぎる。

 

いかに、「オーディション」という機会を、こちらが利用できるか。

そんな有効な方法をまだまだ模索中。