biography

スクリーンショット 2016-09-02 13.08.43.png

竹中香子 Kyoko TAKENAKA

1987年10月8日生。埼玉県さいたま市出身。2011年3月に桜美林大学総合文化学群演劇専修を卒業後、渡仏。同年9月にパリ15区コンセルヴァトワール(芸術専門学校)入学。2012年にはパリ地方コンセルヴァトワールに入学。2013年、日本人として初めてフランスの国立高等演劇学校の俳優セクションに合格。2016年5月末にモンペリエ国立高等演劇学校(École Nationale Supérieure d’Art Dramatique de Montpellier)の全課程を修了。現在は、2016年10月にランスで初演をむかえ、2017年6月までフランス国内16箇所でツアーが行われる、フランス国立劇場製作ギヨーム・ヴァンサン演出『夢と変身』に出演中。並行して、自らが脚本を手がけたソロ作品をフランス人の演出家とともに、「俳優と言語」をテーマに長期的にクリエーションを行っている。

 

2017年夏に行ったアンスティチュ・フランセ東京での講演会内容:

フランスで舞台に立つために必要なこと: フランス語、演劇学校、そしてプロフェッショナリズム(その1:ひとり語り編)

http://フランスで舞台に立つために必要なこと: フランス語、演劇学校、そしてプロフェッショナリズム(その2:質疑応答編)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中