第64回岸田國士戯曲賞授賞式について

改めまして、市原さん、岸田國士戯曲賞受賞おめでとうございます。

先日、KAATで行われた第64回岸田國士戯曲賞の授賞式に関して、

俳優、女性、30代前半、そして、無名という立場で、

祝辞を述べさせていただいた立場から、どうしてもリポートしたいことがあってここに記します。

授賞式の数日前、市原さんから、最近演劇界で彼女が感じていることなどを踏まえ、受賞式での祝辞の依頼を受けました。

市原さんの受賞を誰よりも喜んでいるうちのひとりとして、

公の場で、祝辞を述べられるなんて、願ってもないことですが、

祝辞を述べる錚々たるメンバーのお名前を聞き、さすがに躊躇しました。

でも、市原さんに、「私のことは褒めなくていいから、こういう場を利用して言いたいことを言ってほしい」と言われ、心を決めました。

また、今年の岸田戯曲賞は、選考委員のハラスメント問題が浮き彫りになった年でもあります。

この件に関して、舞台芸術関係の友人から話をきいたり、創作現場における俳優という立場の危うさについて、議論を交わしました。

偶然にも、わたしは、授賞式の数日前まで、「『民主的演技』を考えるワークショップミーティング」というオンラインワークショップを開催していて、参加者の方々と3日間、さまざまな角度から創作現場における「民主主義」について考えていたところでした。

その中で、俳優の参加者の方が、声をつまらせながら、パワハラの件に言及し、「わたしたちが声をあげたところで、味方をしてくれる人は本当にいない」と勇気を持って発言してくださいました。

そして、私自身は、パワハラもセクハラも経験したことがないと10年間思ってきましたが、日本を離れる前の日々を思い出しました。

当時は、演出家からの行き過ぎた「ダメ出し」や威圧感、反民主的な態度に出会った時、

自分の俳優としての技量が足りないことに問題がある、もっと強くなるために修行をせねば、と心から思っていました。もちろん、自分が未熟だったことにも要因はありますが、当時はすべて「自己検閲」をして解決していたので、努力すればするほど自信を失っていきました。

そこでフランスに渡り、一から学校に入り演劇を勉強しましたが、そこで学んだことは、「創作現場における俳優のあり方」に関することばかりでした。

祝辞を書き始めた当初は、俳優というより、友人として祝いの言葉を送ろうと思っていましたが、次第に自分の「俳優、女性、30代前半、そして、無名」という立場で発言できることがどれだけ意味のあることか、そして、それを選んだ市原さんの覚悟と勇気と信頼にも応えたいと思いました。

授賞式当日。受賞者という立場でありながら、審査員のジェンダーバランスの話から、ハラスメントの問題にしっかりと言及しました。

「今回、選考委員の方のハラスメントの問題もあったと思います。私もハラスメントのようなことをしてしまったことが正直、あります。それで本人に謝ったこともあります。ハラスメント自体、気を付けていかないといけないというのは当たり前ですが、何かしてしまったときに謝れない、認められないということは良くないことだと思っています」(市原)

この言葉を受け、会場には、権威がある方々もたくさんいて、「は?」と思われるからもしれないけれど、市原さんにだけは、絶対に伝わるから大丈夫!と安心して壇上にあがりました。

そのあとは、相馬千秋さんの業界の圧倒的男性優位を力強く言及するスピーチ。その中で、市原さんの書く台詞は、「言葉が言えない人たちに、言いたくても言えなかった言葉を声に出す機会を与えている」という捉え方が、多義的な意味で本当に的を得た見解だったと思います。

フランスには「La Solidalité Féminine」という言葉があります。

これは直訳すると「女性の連帯」という意味ですが、

女性同士で生理の日程が被っただけでも使ったりするような、日常的によく耳にする言葉です。

あの日、わたしたちの間には、女性同士で「徒党を組む」的な堅苦しい連帯感ではなく、

この日のために、お洒落な洋服を選んだり、特別な日だからしっかりお化粧したり、そういうことも含めて、

非常に温かみのある「La Solidalité Féminine」が生まれていたと思います。

そこに絶対的な信頼と安心感があったからこそ、社会に立ち向かっていけるような「強いパフォーマンス」ができたこと、心から感謝しています。

最後に、わたしが「俳優」という肩書きだけで書いた祝辞の一部を、ここに公開したいと思います。

—————-

皆さん、俳優という生き物は、ベース真面目です。演出家の求める世界観に少しでも近づこうと必死に稽古します。その真面目さゆえに、本来役割がちがうのに、演出家を「先生」と取り違えてしまうこともあります。心から尊敬する演出家なら尚更です。わたし自身、同世代の市原さんに対して、彼女に抱く愛情と敬意のため、彼女を「先生」と崇めてしまったこともあります。演出家の側に、そんな俳優の気持ちを利用するような意図はなくても、このような関係をほっておくと危険です。収益を求めるようなビジネスの場でもなく、収益を度外視した奉仕活動でもなく、チーム一丸となり社会に問いを突きつける芸術創作の場だからこそ、お互いに安心して「NO」と言い合える、それぞれのプロフェッショナリズムを最大限発揮できる関係が必要ではないでしょうか。

沖縄滞在制作も終盤に迫ったある日、決死の覚悟で「もう続けられない」と市原さんに伝え、彼女はそれを受け入れました。しかし、翌日、沖縄の観客の前で、作品の一部を発表したとき、喜びと興奮でいっぱいになりました。そして、どんな苦労をしてでも、この作品を世に送り出したいと思わせる市原さんの戯曲の強度を痛感しました。小説と違って、「戯曲」という媒体で書き続けるということは、その作品を社会に提示するにあたり、人と関わることを選んだということだと思います。そんな覚悟を持った劇作家と仕事ができることは、俳優にとってとても幸せです。

 

 

わたしが「民主主義」という言葉をつかう理由

コロナウィルスが「普通の」生活を完全に呑み込むまで、3日もかからなかったと思う。3月の初め、わたしはフランス・ブルターニュ地方の1000人規模のホールで公演をしていて、次のツアー公演までの1週間の休みをパリの自宅で過ごしていた。つい数日前まで、わたしたちは頬と頬で挨拶のキスを交わすたびに、おっと、コロナがうつっちゃう!と冗談を言って笑っていた。ところが、あっという間に感染者数は幾何級数的に増えていった。200人が400人、400人が800人、800人が1600人にという具合に。そして、3月13日金曜日、ベッドの中で、スマホの画面から公演中止のメールを読んだ。ベッドから起き上がれないまま、演出家に次の公演の時に伝えようと思っていたアイディアをショートメールで送りながら、なぜ今みんなと一緒にいることができないのかどうしても納得できなかった。昨年は、黄色いベスト運動によるデモで、1日だけ公演が中止になった。あの時は、みんなで決めた。楽屋の前の廊下で、大きな身体のフランス人たちが地べたに座って、横に長い円になって長い時間話し合った。今回はそれもできなかった。どんなに小さなことでも、話し合って決めてきたのに。公演の機会を奪われることよりも、わたしたちがなによりも大事にしてきた「話し合い」をコロナに奪われたことが、一番辛かった。

気持ちが整理できないまま日本に帰国したわたしは、民主主義について考えていた。かといって、政治について考えていたわけではない。2018年夏に放送されたNHKの番組で、「哲学界のロックスター」こと、マルクス・ガブリエル氏は、民主主義について聞かれ、以下のメッセージを残している。

 

日本に張り巡らされた網の目は窮屈かもしれない

だが そこにある見えない壁(ファイアウォール)を乗り越えないといけない

それを毎日アップデートすることが大切

日々 家族でも友人でも 冷笑的で反民主的な態度に出会ったら、ノーと言おう

みんなと違っても言おう

「自由」に考えることに最上の価値を置くべきです

(NHK BS1スペシャル「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」2018年7月15日放送)

 

今まで、社会主義とか、民主主義とか、政治体制など考えたこともなかったが、いきなり「民主主義」という言葉がわたしの身体に、ドゥルーズのいうところの「不法侵入」をし、ジジェクのいうところの「事件」を起こした。政治的な言葉だと思っていた「民主主義」が、哲学的な言葉として存在していた場面に遭遇したのだ。かつて、ミッシェル・フーコーは、哲学の役割をこのように定義した。

 

すでに久しい以前から哲学の役割は、隠れていたものを露呈させることではなく、見えるものを見えるようにすることだった。(中略)見えないものを見えるようにするのは科学の役割なのだ。(ミッシェル・フーコー,渡辺守章『哲学の舞台』朝日出版社,2007 p.148)

 

マルクス・ガブリエル氏は、毎日のように見聞きしていた「民主主義」という概念を、わたしに「見える」ようにしてくれたのだ。「日々、家族でも友人でも、冷笑的で反民主的な態度に出会ったら、ノーと言おう」には胸をつかれた。わたしはできていなかったから。

日本では、舞台で体験する演劇が好きだった。フランスに行ってからは、表舞台よりも舞台裏で営まれる「演劇」の虜になった。そこは、「民主主義」が実現されている場所だった。いつも笑顔でみんなのやりとりを聞いているだけだったわたしは、「冷笑的で反民主的な態度に出会った」とき、演出家でも、憧れの先輩俳優でも、ちょっととっつきにくい技術スタッフでも、徐々に「ノー」と言えるようになった。そして、わたしたちの中心には、作品に関係することでもしないことでも、どんな時でも「話し合い」があった。だから、コロナ禍で演劇の仕事が一切なくなったとき、わたしが、なによりも欠乏感を感じていたのは、「民主主義」だったのである。

豊岡演劇祭において、演劇を通して「民主主義」を考える、そして、感じる場を与えていただいたこと、心から感謝します。たとえ未熟でも、言葉にしようとしたことだけが、考えることにつながります。「言葉にしようとする」行為の連続が、なんだか大事そうだけど、超とっつきにくい「民主主義」という言葉を、もっと「見える」ように手助けしてくれるはずだと信じて。

https://note.com/toyooka_tf/n/n6086be229650

 

【豊岡演劇祭2020 フリンジ】「民主的演技」を考えるワークショップミーティング

みなさん、こんにちは。竹中香子です。
普段は、フランスで演劇をやっています。

國分功一郎『哲学の先生と人生の話をしよう』という本があります。
哲学の先生である國分功一郎氏が、一般の人から寄せられた人生相談に答えていくというシンプルな本です。
この本を読んだときに、俳優として、この本で展開されている國分氏と相談者のような関係を、演出家及び共演者、スタッフと結ぶことができたら、演劇界は革命的に変わると直感しました。

哲学の先生の人生相談というと、なんだか小難しい教えを請うというイメージですが、國分氏はとにかく相談者の文章を読み解きます。
セックスの悩みから、恋愛相談、上司の愚痴まで、正直、しょうもないと思える相談もたくさん…。しかし、國分氏は、相談者の一文一文と真摯に向き合い、そこに隠された「真理」を見つけようとします。自分の引き出しから何かを取り出すのではなく、あくまでも、相手の引き出しから何かを見つけ出そうとする。この行為は、相談者が自分とはちがう人間であることへの自覚と、それゆえの相談者に対する敬意と信頼がなければできないことでしょう。

他者の話を全力で聴き、他者の自立をそっと促す。
なんて民主的な空間が実現されていることでしょう!

「演じる」という行為もしかり。
「演じる」という行為は、自分と異なる他者の思想に耳をすまし、
「わたしとあなたは違う」を知覚するところからはじまる非常に民主的な行為です。

というわけで、私からみなさんに与えられる演技のスキルやアドバイスは一切ありません。
演技における民主的側面を考えるきっかけになれば幸いです。

【企画の概要】

「演技」というもの、あるいは、演技が生まれる「現場」を、社会背景とセットで考えてみようという企画。多文化多民族国家であるフランスの演劇教育、及び劇場の役割を紹介したのち、多文化多民族国家に求められる「民主的」演技のかたちを考えるワークショップの実践を行う。参加者とともに、人々の多様性を認識することを目的とした、学修者主体の演劇教育現場、および、主体性を獲得した俳優たちが可能とする「民主的」な創作現場の条件を考える。

【ワークショップ内容】

1.フランス国立高等演劇学校における演劇教育の紹介(約30分)

2.「わたしとあなたは違う」を知覚するためのワークショップ実践(約65分)
ZOOMブレイクアウトルーム機能を使用した参加型ワークショップ。

休憩(10分)

3.日本における「民主的」な演技が生まれる創作現場を考えるミーティング(約45分)
あらかじめ参加者から募集した演劇の創作現場及び教育現場における「モヤモヤ」を他の参加者とも共有し、「モヤモヤ」との新しい付き合いや解消方法を模索する。

【日時】

9月17日(木) 18時30分~21時

9月18日(金) 18時30分~21時

9月19日(土) 14時30分~17時

*各回とも同じ内容になります。ご都合の良い日時をお選びください。
*各回6-12名の参加者を予定。
*各回とも、15分前よりZOOM設定の案内開始。不安な方はお早めにお入りください。

【料金】

一般:1000円

学生:500円

前半後半問わず、演劇祭パスポートをお持ちの方:無料  (こちらからどうぞ。)

*peatixよりご購入ください。→ https://minshutekiengi.peatix.com/view
*チケットの販売は各日とも開演1時間前までとなっております。
*コンビニ決済をお選びの方は、開演1時間前までのお支払いをお願いします。未決済の場合、視聴URLをご案内できません。
*定員となり次第販売終了いたします。

【対象】

– 演劇の創作現場でなんらかの「モヤモヤ」を抱えている演劇関係者の方々(演劇を志す学生、俳優、演出家、スタッフ)
-(演劇)教育の現場でなんらかの「モヤモヤ」を抱えている教育関係者の方々

【参加方法】

オンラインミーティングツール(ZOOM)を利用したワークショップミーティングです。チケット購入者には、開始の30分前に、Peatixにご登録のメールアドレスに参加リンクをお送りします。

*事前にZOOMアプリのインストールをお願いいたします。
https://zoom.us/download

*開始時間15分を過ぎてのご参加はできません。あらかじめご了承の上ご購入ください。開始時間5分前までのご集合(ZOOMミーティングへの参加)へご協力をお願いいたします。

【竹中香子プロフィール】

1987年生まれ、埼玉県出身。2011年、桜美林大学総合文化学群演劇専修卒業。幼少期に、親の都合で中国に滞在。全く中国語ができないのに、北京の現地小学校で1年間サバイブした経験から、2011年、全くフランス語ができない状態で、演劇を学びに渡仏。2013年、日本人としてはじめてフランスの国立高等演劇学校の俳優セクションに合格し、2016年、フランス俳優国家資格(Diplôme National Supérieur Professional de Comédien)取得。パリを拠点に、フランス国公立劇場の作品を中心に多数の舞台に出演。Gillaume Vincent演出作品に多く出演する。第72回アヴィニョン演劇祭、公式プログラム(IN)作品出演。2017年より、日本での活動も再開。一人芝居『妖精の問題』(市原佐都子 作・演出)では、ニューヨーク公演を果たす。日本では、さまざまな大学で、自身の活動に関する特別講義を行う。2020年より、カナダの演出家Marie Brassardとのクリエーションをスタート。2020年秋からは、フランス演劇教育者国家資格(Diplôme d’État de professeur de théâtre)取得のための2020年度研修クラスに参加し、演劇公演と並行し、演劇教育を学ぶ。

主催:竹中香子
提携:豊岡演劇祭実行委員会

<免責事項>
■キャンセル・再発行について
・ご購入後は原則として、開催中止の場合を除き キャンセル・返金不可です。
・やむを得ない事情によりキャンセルの場合は主催者までご連絡ください。
・チケットは、紛失、盗難、破損、 その他いかなる事情によっても再発行いたしません。

■譲渡について
チケットの譲渡は不可です。

■販売の終了・再開について
チケットの販売期間中であっても、販売予定枚数に達した時点で販売を終了いたします。
但し、追加開催を行う場合は、 チケット販売を再開することがあります。

コロナ以前作品の再演、怖くないですか。

フランスで新型コロナ感染者が1000人単位で増え始めた3月中頃、

2ヶ月くらい日本に避難しようと、

絶対に虫に食われたくないカシミヤセーター2枚だけを持って、

飛行機に飛び乗ってから早半年。

ここ10年でこんなにも長期的に日本に滞在したのも、舞台から離れたのもはじめて。

でも、演劇とは公演も稽古もなくても、べったりな毎日を過ごしていた。

演劇創作ができなくても、演劇の最強っぷりに、日々感嘆していた。

ちょっと外から演劇を眺めてもみても、これまた最高。

角度を変えて、また眺めてみても、全く飽きない。

つくづくわたしは演劇が好きなんだと思う。

俳優業ができないことも全く苦ではなく、日々演劇のことを考える。

 

そして、本日とうとうフランスに帰るまで1ヶ月を切る。

10月から教職研修と『千夜一夜物語』再演ツアーが始まる。

ちなみに、現在のフランスの感染者数は鰻登り。

1日あたり5000人単位で感染拡大が続いている。

 

コロナ禍で毎日耳にしていたの言葉、

アルコール消毒、手洗い、ソーシャルディスタンス。

これ全部、『千夜一夜物語』の再演をする上で無理です。

出演者みんな最低一回はキスシーンあるし、

裸で床にみんな一緒になだれ込むシーンあるし、

めっちゃ近くで怒鳴りあったりするし。

作品のドラマツルギーにより、強固に構築された数々のシーンが、

コロナ禍の身体感覚の前で、音を立てて崩れ去っていく。

そもそも、フランスやスペイン、イタリアなど、ヨーロッパのラテン系の国で、

コロナがあそこまで蔓延したのも、身体の距離間のせいだと思う。

3月はじめに、フランスでも、もう頬と頬と合わせてキスする挨拶はやめようという動きはあったが、

実際は、ハグもキスもそんなに減ってなかった。

日本人にとって、室内で靴を脱ぐことをやめろと言われるぐらい、

習慣を変えるというのは一筋縄にはいかない。

 

わたしは、フランスで完全外出制限が出される前に日本に戻ってきたので、

コロナ禍では、日本の身体感覚でこの半年間を過ごしてきた。

この身体感覚で、上記の演技をすることは、

フィクションといえど、ハレーションが生じることは目に見えている。

脱げといわれたからすぐ脱げる、泣けと言われたらすぐ泣ける俳優を、

そもそもわたしは目指していない。

それがプロの俳優と定義される現場なら、それは危険だから、わたしはやらない。

コロナ禍で身体感覚は明らかに変わったのに、コロナ以前に創られた舞台作品を、「もう作品として出来上がっているんだからやれ」「はい、わかりました」という態度は、

演劇に敬意を示すならとるべきではないと思う。

わたしは「怖い」から、プロの俳優として、

演出家にも共演者にも、しっかり「怖い」と伝えるつもりだ。

だって、怖いよ!

この「怖い」気持ちを無視するのは、

演劇という芸術に携わるものとして、わたしは間違っていると思う。

 

「怖い」という気持ちは、少しの対話と信頼で緩和されることは、もう知ってる。

もしかしたら、みんなの顔を見ただけで、もう怖くなくなってるかもしれないんだけど。

 

 

E8CEC21C-FD74-4202-B886-5841920EC329.jpg

長い長い夏休み最後の休日。津久井の森にて。

 

 

堂々と生きる練習。

オンライン版 市原佐都子『妖精の問題』、無事終了しました。

打ち上げ

http://qqq-qqq-qqq.com/?page_id=1451&fbclid=IwAR0XjZUZhfrgX8bG-9wtr9QgRoPn44Cbn52RVuBUBTQP-YNJDnW6tgMvPLM

 

この作品は、2017年に、私のほぼ一人芝居として初演された作品で、

文字通り、血の滲むような思いで創作した。

俳優の私からみた、『妖精の問題』の記録。

東京初演:「いい俳優」なんて存在しない説

横浜再演:「効率の良さ」への楽しい抗い方

京都再演:「インストゥルメンタル」俳優の憂鬱、「コンサマトリー」俳優の爽快。

 

横浜再演の時に、もう何十回とみているのに、初めて見るかのように、

2部の「ゴキブリの歌」を、

音響デスクで、ノリノリで聞いている市原さんの顔をいつも思い出す。

 

市原さんと『妖精の問題』をzoomで再演しようという話が出た時から、

はっきり言って、

「このコロナの時期に、演劇人として、なにか社会のためにできることがあるか」

なんて、考えたことは一度もない。

私は、ただただ、このコロナ騒ぎが終わった後にも、

市原さんに作品を創り続けてほしいと思っていて、

そのためだったらなんでもやりたいと思っていた。

 

ぼんやりと、社会について何かを考えたり、願ったりということはあるけれど、

具体的に行動を起こせるほど、何かを考えたり、願ったりというのは、

本当に個人的な小さな小さな気持ちだったりする。

 

実際、毎週オンライン上でリハーサルを重ねるごとに、

仲間が増えて、一人芝居を6人で上演することとなった。

 

個人的には、

演劇が「超」価値を持っている国、フランスから、

今、日本に戻ってきていて、

日々、フランスでは必要のなかった「演劇人として堂々と生きる練習」をしている。

 

今、日本の自宅は、会社が閉鎖されても、リモートワークできちんと稼いでいる夫と、

劇場が閉鎖されて、失業保険をもらいながら、趣味と演劇に興じる妻(私)が、

同居している。

フランスから戻ってきた当初は、

オンライン稽古やオンラインヨガ、英会話などをする際、

相方の仕事の邪魔にならないように、と心がけていただが、

働き方は人それぞれ。

今、やっていることが、直接的に収入につながらない仕事だってある。

ということで、今は、日々「堂々と生きる練習」をしていて、

自宅から出演したこのZOOM演劇も、思い切り演じることができ、

小さな前進を感じている。

 

市原さんの『妖精の問題』のテキストより、

私は見えないものです
見えないことにされるということは
見えないことと同じなのです

 

私たち演劇人は、今、「見えないことにされて」いるかもしれない。

「見えないことにされて」いるときこそ、

堂々と生きる。

そして、自分にとって必要なものは、

全力で守る。