「公共の芸術」って何?

無事、初日があけました◎
初日があけてから、R15指定だったことを知った。
国のお金で、堂々とR15指定作品を作り、
刺激が強いと出ていった観客の存在を、
「成功のしるし」と喜ぶ仲間たちを片目に、
あいちトリエンナーレへの文化庁補助金停止のタイミングだったので、
「芸術と公共」ということを強く考えさせられた。
私は、この3年半、フランスの公共劇場の作品だけに関わってきた。
今回の作品も含めて、政治的な主張が強い作品もあったけど、
常に、「公共劇場のプログラム」ということに守られてきた。
日本と同じように、フランスでも、パリと地方の芸術格差というものは存在する。
ただ、地方の公共劇場も、
全力でアーティストの表現の自由を守ってきた。
だから、フランスのアーティストは、地方の観客をバカにしない。
一言で言えば、R15指定されるような、「エッジ」の効いた作品を、地方の公共劇場にプログラムするリスクは高い。
観客が、劇場に「芸術」よりも「娯楽」を求めている場合が多いからだ。
しかし、公共劇場は、公共劇場だからこそ、「いい子」のプログラムになってはいけない。
古典もアヴァンギャルドも、
具体も抽象も、
より多様なプログラムを1年間で提供することで、最終的には、「公共的(みんなのため)」になる。
なぜなら、芸術に対する「公共的な」嗜好などというものは存在しないのだから。
芸術は、「みんな(公共)」を喜ばすものではない。
ただ、「みんな」の中の数人のために、
公共的に(国のお金で)存続させていかなければいけないのが、芸術である。
「国のお金は、みんな(が喜ぶもの)のために使うべき」という考え方は、
芸術の本来の意義(=多様なリアクションを引き出すこと)を理解していないと安易に使うことはできないのではないか。
国が、アーティストを全力で守らなければ、
国にとって「いい子」の作品しか生まれない。
国にとって「いい子」の作品は、芸術ではない。
芸術は、いつでも、国にとって厄介な存在であり、
それでいて、国が誤った方向に向かっている時に、
それを、いち早く気づかせてくれる存在なのだ。
だから、国は、国のために、
国にとって「厄介な子」である作品も全力で保護するべきだし、
より多くの人に届ける義務がある。
the-arabian-nights.jpg
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中