濃厚接触者からの恐怖の「赤紙」がきたら即隔離。

フランスで17日から主要都市で21時以降の外出制限が始まる前に、

いくつものピンチを潜り抜け10月の『千夜一夜物語』ツアー公演を終了しました。

去年、「黄色のベスト運動」の時にも、「幕があく」ということの奇跡を思い知らされながら公演していたけれど、今回はさらに奇跡レベルが増していたと思う。

5日に7ヶ月ぶりにスタッフ共演者に再会。

愛しい仲間たちとの再会にハグしたい気持ちをどうにかこうにか抑えて、稽古開始。

最初はマスクをしながら進めていたが、すぐにみんな苦しくなってマスクを外す。

翌日6日、今シーズンの初日前日、ゲネプロの始まる直前に、共演者の男の子がメッセージを受信。なんと、1週間前にパーティーで接触を持った女の子からコロナ「陽性」になったとの連絡。

コロナ陽性者は、医者からもらった診断書を濃厚接触者に転送しなければいけない。facebookのメッセンジャーを通してPDFで送られてきたこの診断書、まさに「赤紙」。

この「赤紙」をもらった人は、PCR検査をうけて陰性の結果がでるまで、ただちに自己隔離するように書いてある。

愕然とする彼。まっさきに、わたしに相談され、「演出家には言わないで」と言われる。私も、咄嗟のことで、「そうだね、隠そう!」と言ってしまったのだが、よくよく考えれば、彼と一番共演シーンの多い私も感染している可能性大。

私と同じく、彼と共演シーンの多い女優3人で緊急楽屋会議。

演出家に言うように、そっと促そうということになり、電話で説得。

すぐに、演出家と制作が迅速に対応し、初日の朝にPCR検査を予約。

早くとも、本番3時間前にしか結果が出ないとのこと。

その日は、彼は客席から台詞だけでゲネプロに参加し、解散。

翌日公演キャンセルになる可能性80%で、どれだけピリピリした雰囲気になるのかと思いきや、もうしょうがないから飲もう!ということになり全員でバーに移動。

深夜零時をまわり、ついでに私の誕生日まで祝ってくれる陽気なフランス人たち。

翌日、演出家もストレスの真っ只中にいるのかと思いきや、誕生日ランチを招待してくれる。

濃厚接触をした彼を糾弾するようなコメントも一切なし。

日本で、コロナ陽性になりテレビ越しに謝罪する著名人たちをみていた私は、とても気が楽になった。もし、「赤紙」がきたのが私だったとしても、運が悪かったということなのだ、と肩の荷が降りた。

本番2時間半前、演出家から「ハレルヤ」というショートメッセージが届き、彼が陰性だったことが判明。そこから、ぎりぎりまで稽古をし、本番。

彼とは一回もちゃんと稽古できないまま、7ヶ月ぶりの本番で緊張はマックス。

恐怖は興奮でしか乗り越えられない。

心を決めて、舞台に上がる。マスクをした観客で埋め尽くされている客席をみた時、思わず涙が出た。

この国には「演劇」が必要とされている。

私たちは、どんな状況でも、演劇を絶えさせない使命がある。

翌週のパリ郊外での公演は、初日がマクロン大統領の重大発表会見日時と重なっていたため、街がざわついていた。

観客も、会見内容を気にしながら、舞台を観ていたことだと思う。

休憩時間に、「21時から朝6時までの外出禁止」が発表され、私たちにも動揺がはしる。しかし、後半は、この現実に立ち向かうかのような一体感が劇場いっぱいに満たされていた。

どんな作品においても、見せる側/見る側の垣根を超えるのは「今」の存在。

「今」社会で起きていることを、見せる側/見る側、双方とも一緒に抱えている。だから、どんなに難しい状況下にあっても観客の存在は心強い。

劇場からの帰りのタクシーで、運転手さんが言った言葉。

「かつて舞台は非日常の場だったのに、今では、舞台が唯一日常の場だから、俳優が羨ましい」

その運転手さんは、20年間芸能人や政治家のプライベート運転手だったそうだが、コロナで仕事が激減し、今年中に廃業を考えているそう。そんな状況でも、月に一回は奥さんと劇場に行くのが楽しみだと話していた。

マスクをはずして、抱き合ったり、大声で喋ったり、どなりあったり、キスしたり、そんな当たり前の行為が、今はフィクションではなく、かつての「リアル」を想起させるのかもしれない。

そもそも9月半ばに演出家がコロナ陽性だったり、いくつものピンチを乗り越え、無事10月分のツアーが終了。来月は、ブルターニュ。どうか上演できますように!!

一時はどうなるかと思いましたが、今年も無事に舞台で誕生日を迎えられました。初日があいて、翌日も公演あるのに、シャンパンでお祝いしちゃう懲りない私たち。