生理中の舞台出演(裸)での愉快な裏話

私たちが小学生の頃、

修学旅行の前の週に、

女子だけ別の教室に集められて、

生理用品の使い方の説明を受けた。

生理という現象に対する理解より前に、

すべての女子が真っ先に理解したこと:

「生理」は、恥ずかしいことで、男子に隠すべきことである。

口にすることも憚れるような「生理」という言葉に、

伝染病のようなイメージが付きまとい、

初経を迎えてすぐのころは、

自分の血がついたパンツが気持ち悪すぎて、手洗いできず捨てたこともある。

 

さて、それから20年後。

「生理」は病気でも、恥ずかしいことでもない、

ただ月に一回女性に訪れるちょっと面倒くさい期間である、

(その数日前からちょっと機嫌が悪くなるので要注意)

という認識をしっかりと共有しているフランスの男性、女性たちに囲まれて、

生理中の舞台出演(裸)での愉快な裏話がたくさんあった。

 

まずは、タンポンの挿入。

普段、使用していない私は、

タンポン装着に非常に苦労する。本番前のストレスが重なればなおさら。

全員ウェディングドレスで始まるオープニング前、

かさばるウェデングドレスをたくし上げて、

タンポンが入らず、トイレで半泣きしていたら、

私よりさらにかさばるウェデングドレスを着た共演者の女優が走ってきて、

「力むと膣が閉まっちゃうから、呼吸してー。吸ってー。吐いてー。」と、トイレの扉越しに指示。

「入ったーーーーー!」と叫ぶと、彼女に強く抱きしめられる。

涙で崩れてしまった化粧を直しながら、

ダッシュで舞台袖に戻ると、

女性の衣装さんと男性の技術スタッフが、

ハサミと黒の油性ペンを持って待ってくれている。

タンポンの白いひもが、股から垂れ下がっているので、

それを黒く塗ってから、ちょっと短く切れということらしい。

真剣な顔の二人に思わず、笑ってしまう。

時間はないので、自分の毛の色に合わせて色を塗る。

これで、ようやく集中して、舞台で思いっきり演技ができた。

 

翌日は、慣れたもので、前日の過程をひとりで淡々とこなし、

共演者への男の子に、

「生理だからちょっと臭うかも」と伝えるという配慮も忘れず、

(「全然気にしないで、俺の汗のが臭いから」とさわやかに返される)

もうこれで完璧と確信して、舞台に出る。

1部後半、下半身に変な感じがすると思いながら、

1部と2部の休憩時間に舞台袖にはけると、

ドレスの下が血まみれになっている。

ホラー映画のようなグロテスクな惨状に、小さな悲鳴をあげる。

オートクチュールの衣装までも血だらけ。

男性の衣装さんが走ってきて、

「人の血ですか?血糊ですか?」と真顔で質問される。

「人の血です!」

「了解しました」と、私の衣装を持って去っていく。

どうやら、血糊と人の血とで使用する洗剤が違うらしい。

 

私は、このような話を、よく観に来てくれたお客さん(女性でも男性でも)と笑って話すのだが、

日本語だとやはり躊躇してしまうところはある。

日本語で話す「生理」の話に、「下品」「汚い」というイメージが付きまとっているからである。

 

そんなイメージをぶっ飛ばしてくれた、

最強の本がこちら、スウェーデン初の女性器と生理に関する漫画:

『禁断の果実 女性の身体と性のタブー』

 

禁断の果実書影-731x1024.jpg

 

とにかく、絵が最高に可愛い!

フランスやドイツでも大ブームになった本。

タブーとされている言葉を、

あえてどんどん使っていくことで、

読者のタブー意識もどんどん溶かしていく、スマートなギャグ・コミック。

 

フェミニズムの問題に関して、

男性の意識を変えるのは、

いつだって女性。

生きづらさを感じていないのに、

自分を変えようと思う人なんていない。

でも、私が、その生きづらさもひっくるめて堂々としてれば、

自分の半径1メートルから変わっていく。

だから、私にとっては、

男性が生理に関するネタで笑っても、それはセクハラではなく、歩み寄りです。

 

 

 

 

 

「効率の良さ」への楽しい抗い方

Q『妖精の問題』、竹中香子”ほぼ”一人芝居、TPAM再演、無事終了しました。

 

去年の9月に、こまばアゴラ劇場で初演を迎えたこの作品なのですが、

まさに、生き地獄。

初演のクリエーション時から、

自分の俳優としての力量不足を感じ、降板することを相談したほど、

まさに、作品を「産み出す」ということに苦しんだ作品だった。

沖縄での滞在制作ということもあり、

稽古と日常の境目がない中、

ひたすら、テキストと向き合う日々。

俳優なのに、台詞が覚えられないということろでつまづいていて、

創作どころではなかった。

 

このブログでも、俳優という職業を、

「才能」以外のものさしで捉えることができないかと、

長年かけて思考してきたが、

追い詰められた私は、

「才能」がないから「できない」というサイクルにどっぷりはまり込んで、

自己嫌悪のなか、

ただただ時間だけが過ぎていった。

その中で、作家であり、演出家である市原さんの、

「私は、香子ちゃんのこと面白いと思ってるよ」という言葉(割と、無理やり言わせた)だけを信じて、

初演を迎えた。

 

そして、今回のTPAM再演。

3部作のうち、全編、歌で構成されている2部を生演奏にするということで、

新たに作曲された膨大な歌が30分。

さらには、観客に直接語りかけるセミナーという形式に降りかかる「字幕」の壁。

再演とは思えない、新たなハードルが高々とそびえる中、

私の心中は、初演と比べると随分と穏やかであったと思う。

 

第一の理由は、

演出家との間に、信頼関係を築けたとこと。

俳優として、演出家の下に従属する立場、

つまり言われたことをやるのではなく、

どちらかというと、演出家の方が、

俳優である私が本番に際し、いかに最良な状態で観客の前に立てるかということを、

第一に考え、寄り添ってくれていたように感じる。

彼女と共に作り上げた「演出」というひとつの「庭」のなかで、

自由に駆け回ったという感覚が非常に印象的である。

賛否両論を誘発する作品であったことは否めないが、

私は、彼女が全身全霊を込めて管理する「庭」に、

常に守られていた。

 

第二の理由は、

非常に効率の悪い自分の創作プロセスに対し、

疑問や不安を感じることがなくなったことである。

予定されていた稽古時間内に、

やりたいことができなかったり、

うまくいかなかったりすると、

「私は不器用で俳優に向いてないんだ」と、

自己否定しがちだったのだが、

今回は、なぜかこの非効率な自分の進度に、

淡々と向き合うことができた。

 

おそらく、ここ1年くらいお世話になっている精神分析の先生に、

「あなたのやっていることは、職人の仕事です。」

と言われたことが転機となったのだと思う。

他のことは、割と器用にこなせるのに、

よりによって、俳優の仕事だけは、

不器用をいかんなく発揮してしまう。

新作に取り組むたびに、

もう今回で本当に終わりだ、と絶望が絶えることはなかった。

しかし、今回は、できないなら、できるまで「練習」しようと思った。

絶望してる暇があったら、いくら時間がかかっても、できるまで「練習」してみようと思った。

「職人」は、何かを創ることが仕事なのだから、

できる、できないを考えて作業をすることはないのだ。

「稽古」でできなかったことは、シンプルにできるようになるまで「練習」する。

ただ、それだけ。

 

この「稽古」と「練習」の二本柱計画は、

私に良好に作用し、

「稽古」は演出家と、

「練習」はひとりで、

創作は進んでいった。

もちろん、「稽古」を仕切るのは、演出家で、

「練習」を仕切るのは、私だ。

そのことにより、「稽古」で、自らの効率の悪さを感じても、

「練習」において、非効率のなかでしか、出会えない発見があり、

効率に抗うことに、一種の快感さえ覚えるようになった。

そして、次の「稽古」で、

演出家は、私の変化に、いつも気づいてくれていたと思う。

 

このような環境を、少しづつ構築していくことができたのも、

ひとえに、演出家が私に「庭」を用意してくれたことに尽きるだろう。

ふたりで、水やりをかかさず、育ててきた「作品」に、

観客が立ち会うことで、

花が咲いたり、

咲かなかったりした。

うまくいかない悔しい回があっても、

「庭」は、狭められることなく、

いつも、私の前に綿綿と広がっていた。

(どうして、ここまで、演出家が俳優に対してリスクをとることができたのかは、今度機会があったら聞いてみたいと思う。)

 

私が、今後、俳優として、

「効率の良さ」を探すことは、もうないだろうと思う。

今回の作品をきっかけに、

非効率に、どっしりと腰をおろし、

先のことは考えず、できるようになるまで永久とも思える時間をかけることが、

もう怖くなくなったから、

それが、何かを創り出すことなんだと思う。

芸術を続けていくということは、

効率を追求することなく、

むしろ、

あえて、

それに抗っていく態度を貫くことなのではないか。

 

Q『妖精の問題』、

作品に立ち会ってくださった皆様に心から感謝を致します。

今後とも、別々の場所で活動を続ける、

Qの市原佐都子さんと私をよろしくお願い致します。

 

P2150931_fixw_640_hq.jpg

ご報告

本日5月9日にパリ、オデオン座の来シーズンプログラムが発表となり、私が来年出演する公演情報がオープンとなりました。10月にランスで初演を迎え、フランス国内ツアーが続き、オデオンでの公演は来年4月中旬から一ヶ月です。
フランスで演劇をはじめて5年。日本人としてではなく、俳優として、現場に足を踏み入れていくことが、いかに不可能に近いかということを痛感し続けつつ、せっかくのチャンスに、誠実かつ大胆に挑みたいと思います。
SNSもブログも、私にとっては、日本とつながる唯一の手段で、いいね!にも、ちょっとのコメントにも、本当に感謝していて、まずは、この場であえて日本語でご報告したいと思いました。
今までも、これからも、いつも日本で、また演劇する機会を狙っていますので、来年以降オーディション情報等ありましたら、教えていただければ幸いです。
学校を卒業しても、永久就活生の気持ちで頑張ります。

Songes et Métamorphoses

un spectacle de Guillaume Vincent

Hôtel Métamorphoses un texte de Guillaume Vincent librement inspiré d’Ovide / Le Songe d’une nuit d’été de William Shakespeare

avec Elsa Agnès, Candice Bouchet, Emilie Incerti Formentini, Elsa Guedj, Florence Janas, Hector Manuel, Estelle Meyer, Alexandre Michel, Philippe Orivel, Makita Samba, Kyoko Takenaka, Charles Van de Vyver, Gerard Watkins (distribution en cours)

dramaturgie Marion Stoufflet
scénographie François Gauthier-Lafaye
collaboration à la scénographie James Brandily
lumière Niko Joubert
collaboration à la lumière César Godefroy
composition musicale Olivier PasquetPhilippe Orivel
son Géraldine Foucault
collaboration au son Florent Dalmas
costumes Lucie Ben Bâta
vidéo Edouard Trichet Lespagnol
accompagnement artistique Jane Piot

Un spectacle-hommage aux pouvoirs de l’imagination. Un kaléidoscope en deux volets : Hôtel Métamorphoses, une suite de tableaux contemporains inspirée par Ovide, puis Le Songe d’une nuit d’été, un sommet de la comédie élisabéthaine. Une façon radicale de confronter le théâtre qui reste à faire avec le théâtre déjà fait.

Le Songe d’une nuit d’été semble lui-même composé de plusieurs pièces. Face à ses « hybridations hasardeuses », Guillaume Vincent assume la « schizophrénie » shakespearienne, au point de faire croire à trois œuvres abordées « par trois metteurs en scène différents ». Une première pièce, celle des jeunes amants, est encadrée et pilotée par deux autres intrigues – celle des nobles, celle des fées – tout en étant traversée par une seconde pièce : celle des artisans. Les nobles, Thésée en tête, incarnent l’ordre diurne de la société humaine, qui contraint les amants à prendre la fuite dans les profondeurs de la forêt. Les fées, sur lesquelles règnent Obéron et Titania, sont les puissances nocturnes qui président à la fécondité de la grande Nature. Quant aux artisans, ils préparent en grand secret un spectacle en l’honneur du mariage de Thésée, leur noble duc. Tout se passerait comme prévu – les amants s’enfuiraient ensemble, les artisans répéteraient – si un farceur surnaturel ne s’en mêlait :  l’insolent Puck, télescopant les styles et semant le chaos chez les uns et les autres…

Guillaume Vincent ne s’en est pas tenu à ce joyeux désordre. La pratique théâtrale de ces amateurs passionnés que sont les artisans de Shakespeare l’a renvoyé à ses propres expériences dans des ateliers qu’il a animés en milieu scolaire ou carcéral. Il sait que dans le théâtre amateur, « l’art n’est pas le seul but ». Ici, « le cadre est aussi important que le tableau » : le théâtre amateur est un lieu où « guérir, calmer, apaiser, éduquer ». Et où rêver, peut-être : pourquoi serait-ce un privilège réservé aux fous, aux amoureux et aux poètes ?  Pour faire certains songes, il faut en tout cas y croire un peu. Accepter que le réel et l’imaginaire dérapent l’un dans l’autre.

Le théâtre de Guillaume Vincent célèbre donc les noces incertaines de la réalité et de la fiction en passant librement d’une forme, d’un style à l’autre. Puisant aux mêmes sources ovidiennes que Le SongeHôtel Métamorphoses ajoute sa touche de troublante fantaisie aux licences shakespeariennes en invitant des figures d’aujourd’hui à explorer des destins antiques, à s’interroger sur l’incarnation, la représentation, et sur leur rapport à leur propre identité. Des écoliers interprètent l’histoire de Narcisse et d’Écho ; des lycéens travaillent sur le mythe de Myrrha ; Procné et Philomèle sont les victimes d’un crime tout à fait contemporain… Première partie sinueuse comme les Mille et une nuits, cette suite de « variations sur le thème du théâtre amateur » est une ode à la gloire du théâtre et de ses alchimies.

一年越しの集大成 ”Manège 〜ファイナル〜

火曜日は、去年の5月から関わっている『Manège』の、
現時点での最終公演がありました。
http://compagnieaorte.wix.com/compagnie-aorte
なんと、通算5回目の再演。
今年に入ってから、本番に対しても、割と腰が据えてきて、
今回は、今まで学んだこと
「いい作品=いいチーム」
活かして、
「いいチーム=みんなでプール」
ということで、
日曜日には、朝っぱらからプール稽古まで開催されました。
みんな、大はしゃぎ。
最近では、毎回観に来てくれるお得意さんまで獲得しました。
一語一句、演出も、メンバーも変わっていないのに、
毎回、変わっていく作品。
それもそのはず。
公演ごとに集まる度に、
花咲く恋バナ。
そして、将来の夢に近づいたり、遠ざかったり。
私たちが、生ものだから、
作品も生もの。
冷凍庫で保存なんて、
そんな無精はやめて、
せっせ、せっせ、
毎日、毎日、
今日の私を材料に、
今日の私を作っていく。
うまく形が決まらなくて、どう頑張ってもいびつになってしまう日もある。
周りばっかりが、綺麗に見えてしまう日もある。
そして、
自慢じゃないけど、私だけが輝いてしまう日だってある。
公演を終えて、ロビーで観に来てくれた友人にお礼を言っていたら、
知らないおじさんに声をかけられる。
「フランス語、とっても上手になったね。」
きっと出演者の誰かの知り合いで、
去年の5月の初演から、毎回観に来てくれているらしい。
突然の出来事に、
びっくりしたり、恥ずかしかったりで、
「merci」
と、伝えるのが精一杯だった。
でも、
私、
心から、
嬉しかったなあ。
今年は、発音矯正を始めたことが、
去年、言葉なんかわかんなくたってへっちゃらで、
舞台上で、
逆に自由に爆発していたエネルギーと拮抗してしまい、
去年できていたことを失うわ、
今年始めたことはまだできないわで、
お先、真っ暗。
発音の個人レッスンでやることといえば、
「う、う、う、うー」
と、ひたすら日本語にない母音を口になじませることだけ。
今回、5分ちょっとの私のモノローグのシーンで、
初めて、自分の口から、
音楽が流れて来た。
言葉から生まれた音楽が、
演技をすべて誘導してくれた。
いいことがあったときは、
友達が教えてくれた、超有名なオペラ歌手の言葉を思い出す。
「失敗には必ず、原因があるけど、
成功はすべて、運。
こう思っていたから、前進し続けることができた。」
ラッキーにも、ちょこっと、お礼だけいって、
今日も、私は、「私」を、
つくる、
つくる。

主演短編映画撮影、終了(2)〜「独り」との上手なつき合い方〜

フランスでの、日本映画人気は予想以上。
20代前半の私たちの世代でも、
小津、黒沢映画への敬意は、相当高いし、
友達の家のDVDの棚で、よく発見するのが、
私も大好きな北野武『Dolls』


そして、今回の撮影チームのお気に入りの、
日本人映画監督が、
『トウキョウソナタ』で、
第61回カンヌ国際映画祭 ある視点部門で審査員賞を受賞した、黒沢清監督。
しかし、フランスで最近さらに、注目を集めた理由は、
カンヌを超えて、
2012年に日本で放送された連続テレビドラマ『贖罪』だそうです。
そして、なんとテレビドラマにも関わらず、
第69回ヴェネチア国際映画祭において、270分に再編集され上映されたそうです。
http://festival-mostra-venise-2012.critikat.com/index.php/2012/08/30/2-shokuzai-penance
フランスでも、”Penance”というタイトルで、いくつかの映画館で特別上映されたそうです。
そして、パリの映画学生の心を鷲掴みにしたそうです。
予告編フランスバージョン:

『贖罪』に影響されたのかどうかは、おいといて、
私が演じた主人公の名前は、”Sae”
『贖罪』で蒼井優さんが演じていた登場人物と同じ名前です。
Saeは、建築家の留学生。
異国で生活している、彼女は、
ひとりでいても、
みんなでいても、
常に、”ひとり”を感じています。
ペットの金魚と、
大きなリュクサックを背負って、
自分の住むアパートを出て、
友達の家を点々とします。
この映画のタイトルは、
『toi toi mon toit』
金魚もタイトルも、
80年代の伝説的フレンチ・パンク・バンドSTINKY TOYSのヴォーカルだった
ELLI MEDEIROS(エリ・メデイロス)『Toi mon toit』という歌がモチーフに鳴っています。

映画の途中で、みんなの中で、目立たない(目立たないようにしている)サエが、
友達の部屋で一人になった時、
おもむろに、
歌いながら踊り出すというシーンがあって、
そこでも、この歌を使っています。
この映画のテーマは、
「一人」でも「孤独」でもなく、
「独り」
たまたま、大殺界を来年から迎える私の最近のテーマでもあって、
よくひとりで「独り」について考えていました。
「独り」はいくらでもごまかせる。
鳴ってないのに携帯をチェックしてしまったり、
家に帰ってくると、まずfacebookにアクセスしたり、
電車の待ち時間に用もないのに、友達に電話してしまったり。
特定の人とつながりたい気持ちと、
「独り」になりたくないだけの気持ちを、
混同しやすい社会にいきる私たち。
「独り」を学ぶこと。
「ひとり」でいるためではなく、
「ふたり」以上の関係に、しっかり飛び込んでいけるように、
「独り」を学ぶこと。
多分、
人間は「一人」では、生きていけないから
人とつながるんじゃなくて、
結局は、
人とつながるために、
「独り」で、生きていくのだと思う。
今日の「独り」は、
明日の「ふたり」への、
準備体操。
スマートフォンの画面には、
いくらでも「独り」を追い出すアプリが入ってるけど、
実は、「一人」増強アプリだったりするから、怖い。