「いい俳優」なんて存在しない説。

大変遅くなりましたが、Q『妖精の問題』竹中香子一人芝居、無事終了致しました。

http://qqq-qqq-qqq.com/?page_id=1166

 

今までも、ソロの作品は作ってきたが、

初めて、人の書いた本で、人の演出でのソロだった。

ここまで誰かと密にひとつの作品に向き合ったことも初めてだったと思う。

 

6年ぶりの日本語での公演で、自分でも驚愕するほど台詞に苦戦し、

演出家に求められることも満足にできないし、

もう本当に今回は続けられないと決断さざるを得ないと考える時期もあった。

俳優として、クリエーションの段階で、できないことをできないとあきらめたり、

苦しいことを我慢できないことは、努力できないことは「甘え」なのかと悩んでいた時に、

大切な友人に言われた言葉。

 

「苦しんだり努力できないことが、甘えなんじゃなくて。
創造のプロセスがそれでしかないことが、甘えだと思う。」

 

この言葉によって、フランスに渡ってから、私が長い時間をかけて考えてきた、

「いい俳優」とは何かという定義に立ち戻された。

そもそも、俳優は、ほとんどの場合、演出家という存在なしには、存在しない。

カンパニー所属の俳優でない限り、

一人の演出家のみと仕事をする俳優というものは極めて少ない。

俳優が決定的に他のアーティストと違うのは、

「いい俳優」の定義がほとんどの場合、他者に委ねられることでなる。

つまり、ある演出家にとって、最高の俳優が、

他の演出家にとっては、非常に厄介な俳優である可能性があるということ。

「個性」や「天性の才能」と結びつけられやすい俳優という職業だが、

実は、その立場の性質上、「自分がない」くらいがちょうどいい存在なのである。

 

本番があけても、観客の好みもあるわけで、

普遍的な意味での「いい俳優」というものは、出来上がってしまった舞台作品において存在しないのではないか。

ましてや、演出家にとっての「いい俳優」を一概に定めることは不可能。

それでも、俳優のプロフェッショナリズムを肯定したい私が提唱したいのは、

 

「いい俳優」は、クリエーションのプロセスの中にしか、存在しないということである。

 

苦しんだ、努力した先にしか、栄光はないとされるような、

根性をみせることが重要視される、

「我慢の美学」を推奨する日本社会において、

芸術の世界もその一端を担っていると思う。

苦しい時に、力を発揮しなくてはいけないのは、

我慢するためでなく、

その状況を変えること。

 

「苦しんだり努力できないことが、甘えなんじゃなくて。
創造のプロセスがそれでしかないことが、甘えだと思う。」

 

私の友人の言葉を借りるなら、

苦しみを我慢することこそが、創造のプロセスにいて、「甘え」ということになる。

つまり、「いい俳優」「プロの俳優」とは、

このような創作プロセスにおいて、甘えない、我慢しないで、状況を突破していくことができることが、前提条件として必要になってくる。

そして、その解決策は、大概の場合、コミュニケーションにある。

 

と、振り返ってみれば、スマートにまとめることはできても、

実際、クリエーションの渦中にいる時は、

ただもがき苦しむだけ、というのが現実である。

 

経験したことはないものの、まさに、出産の苦しみ。

何かを産み出すということは、

こんなにも苦しいものなのだ。

そして、産み出す作業に、経験も慣れも通用しない。

 

二人目の子どもを産む時も、

一人目の子どもを産む時と同じくらい苦しむように、

何回も産んでいるからといって、

苦しみが軽減されないのが、出産であり、作品を産み出すということなのだと思う。

 

結局は最後は、ひとりで苦しむことしかできない。

それでも、周りの人(パートナー、演出家)との信頼関係において、

不安は軽減されていく。

 

苦しい時こそ、

自分に嫌気がさすほどに、自分に自信がなくなる時こそ、

やってもやっても、うまくいかない時こそ、

演出家とコミュニケーションをとるべきだし、

飲みに行くべきなのかも。

それを拒否するような演出家に私は出会ったことがないし、

逆に、向こうから気をきかせて誘ってくるような演出家にも会ったことはない。

 

苦しい時こそ、

止まるな。

動け。

 

と、自分への戒めとして、書かせていただきました。

 

『妖精の問題』作・演出の市原佐都子に、

心からの愛と敬意を込めて。

 

21742935_1094328110697217_3550955634001856051_n.jpg

©Mizuki Sato

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

落ちても落ち込まないオーディションの受け方

俳優という職業を考えたときに、

常に念頭に置かなくてはいけないことは、

終身雇用、正社員ではないということ。

安定したカンパニーなどに所属しない限り、就活は1回ではなく、半永久となる。

 

そこで、避けては通れないのが「オーディション」という雇用形態。

私は、演劇を本格的にはじめた10年前から、日本でもフランスでも、この「オーディション」というものに、落ちて落ちて落ちまくった。

簡単に言えば、「受け続けていればいつかは受かる」というのは迷信だということを確信できるほどに落ちまくった。

落ちれば落ち込むし、自分には才能がないのだと思って、絶望的な気持ちになる。

幸運にも、立ち直りが異様に早いため、絶望した気持ちをすぐに忘れて、ここまで続けてこれた。

モンペリエの国立演劇学校で過ごした3年間で、パリを拠点に活動する演出家たちとクリエーションを通して知り合うことができたので、卒業後は、オーディションというよりも、人とのつながりで仕事に巡り会う機会があった。

そもそも、オーディション必勝法があるなら、教えて欲しいが、私が、もっと重要だと思うのは、持続性のあるオーディションの受け方。つまりは、落ちても落ち込まないオーディションの受け方なのである。

就活と同じように、オーディションには、決定的なヒエラルキーの構図が存在する。

選ぶ側と選ばれる側。

選ばれる側に残される選択肢は大きく分けてふたつ。

選ぶ側が探しているであろう人材に自分が適していることをアピールするか、

もしくは、自分という人材を的確に見せるか。

前者の場合、権力のヒエラルキーの構図を保った状態で、

自分の俳優としてのテクニックをみせていく必要がある。

大手プロダクションによるオーディションは、たいていこちらの形態がメインとなってくるのだと予想する。

 

私が、注目したいのは、後者の自分という人材を的確に見せたうえで、選ぶ側に彼らの芸術的な面での「コラボレーター」にふさわしいかどうかということを判断させるオーディションである。

30歳を間近にして、一攫千金的なオーディションを受ける気もないし、精神的にも持続可能なオーディションの受け方とは何か。

「コラボレーターに立候補する」、つまり、組織における機能(演出家であるか、俳優であるか)が違うだけで、自立したアーティストであるという認識が必須である。

 

ちなみに、オーディションの内容を見れば、主催側が単に俳優を探しているのか、作品のコラボレーターを探しているのかということは、だいたい見当がつく。

私の場合、そもそも、フランスにいる時点でセリフで勝負できる俳優ではないので、シーンを用意していくようなオーディションにあまり勝算はない。

私が大好きなオーディションは、「作品を用意していく」系である。

あるテーマについての課題が出され、俳優は、そのテーマに沿って自分でリサーチを行い、短い舞台作品を発表する。

選ぶ方としても、どのような経緯でオーディション参加者の作品ができたのかを知りたいため、発表後にかなり親密なダイアローグが生まれる。

 

日本でもよく見かける「ワークショップ形式」も、オーディションが選ぶ選ばれないに関わらず、アーティストにとって、刺激的な場をもたらしてくれるタイプである。

 

そもそも、ここ10年くらいかけて、私が落ちまくりながら発見した、落ち込まない方法とは、まず、前提として、条件に縛られすぎないこと。

与えられた条件を守れば守るほど、

権力によりヒエラルキーを強化することになってしまう。

与えられた課題を発表するときに、少しくらい条件から外れていても、いいものはいい。

自分の世界観を的確なかたちで提供することが先決。

形態にとらわれないことで、不思議と「選ばれている」感が薄れ、「選ばせてやっている」感が芽生えてくるから不思議なものである。

 

もうひとつは、物事を単発で捉えること。

たとえ私が、今までオーディションに落ちまくっていたとしても、それを知っているのは私だけで、履歴書には書かれていない。

そして、ジャッジされているのは、過去でも未来でもなく、紛れもなく現在の自分。

というか、現在「だけ」の自分である。

 

私が想像するに、ある程度のキャリアまで、オーディションというシステムは避けて通れないものだが、ある地点までたどり着けば、「仕事は出会いから」というパターンがほとんど。

つまり、オーディションも、この「仕事は出会いから」地点にたどり着くまでの、人脈を広げるチャンスとも言える。

 

ちなみに、先日最終選考まで行ったオーディションは、

パリを拠点にしたインターナショナルなものだったので、

なんと使用言語は私の最も苦手とする英語。

動機書の時点で、落ちても落ち込まない方法はないかと考え、

動機書自体を作品にした。

motivation letter.jpg

ふざけてると思われたら終わりだと思ったが、

めでたく書類審査を通り、

一次審査のときに、動機書が最高だったと言われ、演出家と笑い合った。

 

俳優をやめる理由はいろいろあると思うけど、

オーディションに受からないからという理由でだけでは、

やめたくない。

俳優うんぬんの前に、いちアーティストとして、

自分の絶望は自分で決めたい。

他人に求められないことで、絶望するなんてもったいなさすぎる。

 

いかに、「オーディション」という機会を、こちらが利用できるか。

そんな有効な方法をまだまだ模索中。

 

 

自分に自信がない日の舞台の立ち方。

パリ、オデオン座公演、早3週間終了。

公演前も、公演中も、終演後も、同じコンディションであったことは一度もない。

なんで今日こんな調子がいいのだろう!という日もあれば、

なんて自分はくそ下手なんだと思う日もある。

人生で初めて、5週間、週6公演が幕をあげて、渦中にいる今しか感じることができない喜びと苦しみをメモ。

晴れ舞台という言葉があるように、

どんな「舞台」であれ、「舞台」に立つということは、特別なことである。

その特別が、日常になってしまった時、

俳優は、「舞台」の捉え方を根本から変えることを求められる。

パリ公演が幕をあけ、一週目が終わろうとしていた頃、

ほぼ毎日のペースで送られてくる演出家からの全体メールに書かれていたこと。

 

「繰り返せば繰り返すほど、

もう「細部」にこだわることでしか続けていくことができない。」

 

確かに、演出家からのダメ出しも、俳優本人にしかわからないほど「細部」に介入していく。

作品をよくしていくというよりも、

おそらく、作品の鮮度を保つために、「細部」にこだわる必要があるのだろう。

というのも、この作品、去年の10月に初演を迎え、上演数はすでに60回を越しているのである。

今までやってきたことをなぞった途端に、自分を呪い殺したくなるほどの嫌悪感に見舞われることも多々。

そもそも、週に6回も、自分最高!今日も人前に出るのが楽しみだ!というテンションを持続できるわけがない。

かといって、自分に自信がないまま「舞台」に立っていいものを魅せられるはずもない。

では、自分に自信がない日はどうしたらいいのだろう。

私が3週間考え抜いて出した答えが以下。

 

「自信を持つ」という概念を捨てる。

 

そもそも「自信」というものが何の役に立つのだろうという結論にたどり着いた。

もしくは、「自信」という言葉を、英語でいうコンフィデンス的な、「自信」がある「自信」がないというような文脈で使うのではなく、シンプルに分解して、「自」らを「信」じる、としてみたらどうだろう。

単純に、自分がここまでチームと一緒に作り上げてきたものを信じて、舞台に立つだけ。

 

そもそも、ここまで毎日「自信」が必要な状況下に置かれると、いかに「自信」というものが頼りなく、不確定な存在かということが身にしみてわかってくる。

最後に毎日強固に残り続けるのは、肉体のみ。

20代は、少しづつ少しづつ「自信」を積み上げていくことへの執念だけで続けてきたけど、積み上げたと思った途端に崩れていくいく「自信」にとうとう嫌気がさし始めた。

 

それにしても、経験豊富な先輩俳優をみているとなんと日々「淡々と」していることか。

「淡々と」という言葉の意味を調べてみると、

 

あっさりしているさま。特に言動や態度、人柄などについて、しつこさやこだわりがなく、冷静に事を進める様子。

というように出てくるのだが、私には彼らの態度が、

あくまでも、「淡々と」「こだわっている」ようにしかみえない。

 

そんなことを考えながら、去年のノートを何気なく広げたら、

『劇団四季に学ぶプロとアマの違い』というタイトルの手書きのメモが出てきた。

元劇団四季俳優が、個人のブログに記したプロとアマの11の違いを写したものである。

ここで全文読めます:劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

そこに書いたあった11項目目が、最近の私が痛感していたことだった。

 

プロは自分をコントロールし、常に並を保つ。

アマは自分をコントロールできず、常に波がある。

解説

プロは、常に自分と対話をし、自分を客観視しています。

精神的に辛い時でも、今はそういう時だと別の角度から自分を眺めます。

復活するチャンスをうかがい、良い時でも決して奢らず鼻も高くなりません。

モチベーションの振れ幅も少ないです。

アマチュアは、自分を悲劇の主人公のように捉え、常に好不調の波に呑まれています。

自分を客観視できずに被害妄想に陥ったり人のせいにしたりします。

プロとは、まさに、私の憧れる「淡々と」「こだわっている」人たちの姿!

これ以外にも改めて読み直して納得させられることばかり。

「晴れ舞台」を維持するために、必要なのは、

波のある「自信」より、

淡々と常にコントロールをしていく並の精神。

_MG_0973.jpg

©Anne Guillaume

とまあ、なんだかんだいっても、

一番大切なのは、

元気な身体のみ。

前日の疲れが残っていたら、

気持ちも暗くなる。

よく食べて、よく寝て、あと2週間!

写真は、ウォーミングアップ中の私。

 

 

 

 

 

俳優、職安へ行く。

先週は、連日の公演に加えて、職業案内所での面接というビックなイベントがあった。

フランスにおいて、俳優として食べていけている人たちに不可欠なのが「Intermittent du spectacle」というシステムである。

一言で説明すれば、技術スタッフを含む、上演芸術に携わる人たちのための失業保険制度、というところでしょうか。

intermittentとは、フランス語で「断続的」の意味。

つまり、ショービジネスにおいて、不定期に契約をとって働いている人たちを支援するシステム。

具体的には、以下のような人たちが、給付の対象となる。

俳優、ダンサー、振付家、演出家など、舞台芸術に携わるアーティスト。

サーカス、大道芸人。

そして、舞台・映画などで音響・照明などを担当する技術スタッフ。

最近知ったのは、映画への出演契約も含まれるということ。

なんとこのシステム、体制の変化はあるものの1936年から続いているらしい。

 

2017年現在では、12ヶ月の間に、507時間以上の契約があることが、「Intermittent du spectacle」申請の条件となっている。

私の場合、昨年6月のモンペリエでの公演の契約の時から、時間数を貯め始めたので、

昨年末には、すでに申請の条件は整っていたのだが、そこで問題になったのが、ビザだった。

Intermittent du spectacleは、就労目的をサポートするシステムなので、学生ビザでは申請することができない。

そこで、まずは、学生ビザから、アーティストビザ(パスポート・タレント)への変更が必要となった。

ビザの更新の際、ビザの種類を変えるのには、時間がかかる上に、アーティストビザに関しては、書類審査のようなもので、申請が通らないことも多々。

私の場合は、昨年7月に申請をして、なんと、待つこと9ヶ月!

4月の頭にようやく、ビザが発行された。

 

早速、ビザを片手に、職業案内所(Pôle emploie)のサイトへ。

まず、衝撃だったのが、希望職種の欄に「俳優」という欄が存在するということ。

そこから、その人の「俳優」という職探しのために、適性と能力を測る。

職業に対する希望を答える欄も含めると、

質問の数は50個近くに及ぶ。

中には、「台詞を覚えることができる」「声の色を変えることができる」なんていう項目が存在する。

これらの質問に答えた後に、507時間以上の契約を、公演ごとに入力していく。

フランス人の俳優に助けてもらいながら、かかった時間およそ90分。

めでたく、パリ市内の自分の住んでいる地区にある職安の面接の予約を取り付ける。

不景気のヨーロッパで職安ほど、混んでいる場所はないと言われるが、

案の定、予約が取れたのは約1ヶ月後。

 

現在の現場で、15人俳優がいるのだが、まだintermittentを取得できていないのは、私だけ。

ということで、職安に面接に行くうえでの、アドバイスがあるかと彼らにきいたところ、あまり高級な服は避けるようにと言われる。

一方、スタッフには、一応「俳優」として職安に行くんだから、あんまりみすぼらしい格好は良くないと言われる。

悩んだ末、中間をとって、やたらスポーティーな格好で行くことに。

 

初めての職安は、明るくて、綺麗で、予想外に感じがいい。

予約を取らずに、並んでいる人の長蛇の列には、やはり移民系の人が多い。

私は、個室に案内され、職安に登録することで、これからは、失業者として認定されることを説明される。

フランスにおける失業者の心得。

– 1ヶ月以上、バカンスに出る場合、もしくはフランスを離れる場合は申告する。

– 1ヶ月に一度は必ず、仕事の時間数などを申告する。

– 職安からの呼び出しは最優先する。

– ズルはしない。

以上のことが厳守しろと念をおされる。

ちなみに、フランスには嬉しい失業者割引というものがあって、

学生割引と同じ値段で、美術館、映画、劇場に出入りできる。

つまり、学生が終わった途端に、失業者に認定された私は、ずっと割引料金である。

 

この日、めでたく職安で失業者に認定された私の書類は、

パリ15区にあるintermittent専用の職安に搬送され、次は、そこからのお呼びを待つことになるらしい。

 

アーティスト生活補助金を頂くまでの道は、まだまだ長そうだ。

 

公演は明日から、3週目に突入。

精神的にも、肉体的にも未知の領域。

738_affiche-songesbat.jpg

 

 

 

 

 

 

フランス語から学ぶ俳優の喉の温め方。

おととい、来週から始まるオデオン座公演に向けて、

予約の取れないボイストレーナーによるプライベートレッスンを、

カンパニーから、俳優15人全員にプレゼントされる。

しかも、レッスン会場は、オデオン座のレッスン室。

スタジオの壁には、モリエールの戯曲の登場人物たちの肖像画が飾られていたりして、入っただけでちょっと感動して泣きそうになる。

IMG_3150.jpg

 

自分の復習のためにも、レッスン内容を紹介。

主に、公演前に毎回行なう、喉と声帯の温め方を学ぶ。

 

まずは、ストロー呼吸。

腹式呼吸のレッスンで、よく「細く」「長く」「一定に」息を吐くと言われるけど、

実際やってみると「細く」「長く」「一定に」息を吐けているのかを自分で判断するのは難しい。

そこで、登場するのが、ストロー。

ストローの先を軽くつまんで、空気の通りを細くして、

息をゆっくりストローから吐ききっていく。

ストローは、フランスでは割と一般的なトレーニング方法なのか、どこの現場でも、割とストローを使って喉を温めてる人をよく見かける。

 

次は、発展ストロー呼吸。

先ほどと同じ要領で息を吐きながら、ド・ミ・ドのメロディーでハミングする。

徐々に音階を上げていく。

ここでは音を出すというよりも、身体に小さな振動を響かせていくイメージ。

ストローを持ってない方の手で、ストローの先から、息が一定に出つづけているか、最初のうちは確認するといいかも。

 

お次は「ヴ」呼吸。

日本語には存在しないVの音が、実は発声にはとても効果的。

上の歯が軽く下唇に触れてる状態で発声する「ヴ」。

必然的に、息を吐き続けることを意識しながら、声(音)を出すことになるので、結果的に、一番喉に負担のかからない理想的な状態となる。

こちらも、先ほどと同じで、ド・ミ・ドのメロディーで行なう。

身体も一緒にほぐしていくため、「ミ」の時に、膝をまげて、一旦下まで上半身ごと下がって、また立っている状態に戻ってくる。

音程が変わっても、呼吸はストロー呼吸と同じ要領で一定を保つように。

 

ここからは、主にフランス語を発声するために必要な口の中の空間を作っていく作業。

ただ、大は小を兼ねるので、日本語の発声にも絶対有効なはず。

大は小を兼ねるというのは、

そもそも日本語は、水平的言語であり、広角を横にひっぱる動きが多い。

よって、口の中に大きな空間がなくても、割ときっちりと発音することは可能。

それに対して、フランス語は、前後、上下の言語。

唇の前後に加えて、広角を上下に広げる動きが多い。

つまり、日本語にあまり必要とされない、あごを下に下げて、口内に空間をつくるということが重要になってくる。

5年間、めちゃめちゃお金のかかっている私のフランス語の発音でも、

録音して聞いてみると、その違いは明らかで、なんだかべちゃっとした印象が残るフランス語である。

 

鼻濁音でガンガンガンガンガン。

鼻濁音で丸み帯びた「ガン」のおとで、ド・レ・ミ・レ・ドの音階で喉の奥を広げていく。

あごを動かして音を出すのではなく、

少し下げた状態で、両手で軽く押さえてストッパーをかけ、

喉の奥だけで、ガンガンガンガンガン♪と音を出していく。

うまくいくと頬骨のあたりがよく響く。

 

お次は、ガンの時の喉の空間を保ったまま、

フランス語のイエスの発音。

oui oui oui oui oui ♪

日本語の「ウイ」よりも、ウで唇を前に突き出し、イで後方に引く。

平面の感覚ではなく、前後・上下・左右と3Dの感覚を持つ。

 

最後の仕上げで、「ヴ」発声。

「ヴ」呼吸と同じ要領で、

ド・ミ・ドの二音目、つまり、ミの途中から「オ」に切り替える。

ヴー・ヴオー・オー♪

 

この時に声は、首の後ろから、頭のてっぺんを通って自分の前方に進んでいくイメージ。

 

この過程を通ってから、フランス語の台詞を言うだけで、

口の中も、体全体も、

2倍くらい空間ができた感じ。

前後、特に後ろ、

そして、上下、特に上の感覚を持つのが、

日本人の身体感覚的には苦手かなという印象。

西洋人にしてみれば、「腹(ハラ)」の感覚とか、「地(下半身)」の感覚が弱いわけだから、

それは、お互い様。

ただ、最初っから持ってない部分は訓練して持っていけるようになっていけばいいだけ。

 

欲をいえば、もうちょっと早くこのレッスンしてほしかったなあ、と心の中で思いつつ、

もう一生入れないかもしれない、

オデオン座の関係者以外立ち入り禁止ゾーンを後にしました。

 

IMG_3151.jpg

 

さて、楽屋の中で、ストロー片手に、訓練、訓練。