語学習得者よ、媚びるな、「尊厳」を持て!

2018年、KYOTO EXPERIMENT、

私は、市原佐都子さんの『妖精の問題』に出演していて、

大好きなドイツのカンパニー、She She Popのメンバーたちが客席に観に来ていた。

「カンジダになったことがある方、いらっしゃいますか?」と、

客席に投げかける台詞で、

そのうちの一人の女性が、英語字幕を見るや否や、凄まじい勢いで手を挙げてくれた瞬間は、

今でも鮮明に覚えている。

終演後、ロビーで、彼らに英語で話しかけられて、

「私も、あなたたちの作品をたくさん見ている!」ということを伝えたかったのに、

「英語が話せない」という事実が頭を占有していたため、

なけなしの「センキュー」しか出てこなかった。

 

その時から、ずっと勉強したかった英語。

今年の夏休みと春休みに、日本に帰国していた時間を使って、英会話に通った。

この経験は、私にとって、「尊厳」の大切さを改めて考えるきっかけとなった。

 

La dignité (IPA: /di.ɲi.te/; Gender: feminine; Type: noun;)

フランス語で、「尊厳」または「品格」という意味のフランス語である。

これは、私が、母国語ではないフランス語という外国語を使って、演技をする上で、

ここ3年ほど、向き合ってきた言葉である。

どんなに専門的に発音を訓練しても、

自分の発している言葉にアクセントは残る。

自分の言語レベルに演技が引っ張られて、

どうしても、幼くなってしまう傾向が強かった。

声の響きや、身体のあり方。

自分の完璧ではない言語能力を誤魔化すかのように、

無意識のうちに、無駄な「笑顔」をつくっていることもあった。

そんな時、憧れの先輩女優から言われたのが、この言葉。

La dignité

「媚びるな、La dignitéを持て!」

結果的に、この訓練は、観客(他者)を心の底から信用することにもつながったと思う。

観客からの分かりやすい好感を得ることよりも、

もっと深い場所で、目には見えない水面下でつながる感覚。

一言で言えば、観客をナメないこと。

 

今回、私が通った英会話スクールは、

マンツーマンで、40分間の授業を60回、さまざまな先生と英語を学んだ。

何を隠そう、私のレベルは初級。

でも、「尊厳」だけは、絶対に失わなかったと思う。

後半は、個人の「尊厳」を守るためのバトルフィールドと化していたと思う。

そこで、「尊厳」を守るために初級の私が心がけたことが以下の3点。

1、英会話の「お客さん」にならない。

2、言葉が喋れなくとも、「思想」レベルは変えない。

3、英会話教師をナメない。

 

相手は、こちらのことをよく知らないわけだから、

放っておくと、当たり障りのない教科書的定型文を使って、

授業が進んでしまう。

というわけで、毎回、自分の関心の持った映画や本、新聞記事などを使い、自分の「思想」を語る準備をした。英会話教師が、興味を持つとは考え難い、芸術における専門的なテーマであっても恐れない。

もう一つは、白人男性講師と、フェミニズムやアジアの政治問題に関して話すことが、英会話を通して一つのアクションになるのでは、という勝手な使命感があった。

 

この夏、特に盛り上がったトピックが以下。

慰安婦問題ドキュメンタリー『主戦場』

レティシア・コロンバニ『三つ編み』

R65不動産「高齢者の入居お断り問題」

イ・ミンギョン『私たちにはことばが必要だ――フェミニストは黙らない』

 

「政治的な問題には、触れられない」と怪訝な顔を見せられたこともあったけど、

基本的には、私の語学力の低さで、難解なお題を選んでくる姿勢に、

好意的であったと感謝している。

渡仏時も含め、

子供の頃から、言葉がわからない環境で生活していたことが多く、

言語習得時における「プライド崩壊」慣れをしている私でも、

あの「子どもにかえったような感覚」は、やはり辛い。

 

それでも、

大袈裟なようだが、

「尊厳」は決してなくしてはならない。

 

周りから笑われようと、

どんな状況でも、

たとえ英会話でも、

「尊厳」は持ち続けなければいけない。

 

最後に、自分への贈る言葉として、

望月衣塑子さんの著書『新聞記者』の最後に引用されていたガンジーの言葉を。

 

あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。

そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、

世界によって自分が変えられないようにするためである。

 

 

IMG_5889.jpg

8年前の大学卒業製作で作った一人芝居のポスター原画を、

日本の新居に飾った。

私の滞在は、1年の4分の1にも満たないが、

すでに「自分大好き」の侵食が激しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中