どうしたら舞台に立つことが怖くなくなるの?

去年、学校を卒業してから、初めて関わったプロとしての仕事、

Guillaume Vincent の『Songes et Métamorphoses』が千秋楽を迎えた。

公演回数はなんと70回!

ギヨームの作品に出会ったのは5年前。

アビニョン演劇祭で、親友のフランス人に、香子は絶対に好きだと思う!と言われて、

観に行ったことがきっかけだった。

それから、まさに、その作品に恋に落ちて、

パリでの公演にもさらに2度劇場に足を運んだ。

同じ作品を2回以上観たのは、

人生で初めてのこと。

その作品に出ていた女優が素晴らしくて、目が離せなかった。

そして、そのすぐ後に待ち受けていたのが、怒涛の国立演劇学校受験戦争。

私は、年齢制限ギリギリの25歳で、パリの国立高等演劇学校(ESAD)とモンペリエの国立演劇学校(ENSAD)に合格し、

どちらの学校を選ぶか猛烈に悩んでいた。

その時、私が、ギヨームのファンだと知っていた、モンペリエのディレクターが、

モンペリエに来れば、ギヨームのワークショップを受けられるよ、と耳打ちした。

それは、もうパリを離れるしかないと思い、意を決して、ようやく慣れたばかりのパリを離れて南仏に向かった。

入学から、半年後。

待ちに待ったギヨームとのワークショップ。

まさに夢の5日間。

https://mill-co-run.com/2014/02/10/幸せで、ゴメンナサイ%E3%80%82/

 

その1年後、まさかのオファーが来た。

やりたい仕事ほど、ストレスを感じることはない。

クリエーション時のストレスは、おなら事件にまで発展した。

https://mill-co-run.com/2016/10/04/おなら事件と24時間強制腹式呼吸/

 

舞台に立つことへの恐怖は、

舞台に立ち続けることで、消えていくのだと思っていたけれど、

どうやらそうでもないらしいことが最近わかってきた。

経験豊富な俳優に聞くと、

緊張しない人は最初から、緊張しないし、

緊張する人は死ぬまで緊張する、

とのこと。

どうやら、私は、完全なる後者なようだ。

ということは、この「恐怖」との付き合い方を模索する必要がある。

 

言ってしまうと、

当たり前のことだが、

日本語で演じるより、フランス語で演じる方が緊張する。

5年間、日本語で演じる機会がなかったので、日本語で演じる感覚を完全に忘れていたのだが、

今年の夏に、日本での出演を経て、

フランスに戻ったら、明らか、恐怖の度合いが増加していた。

フランス語でやることで、すでに、台詞との関係において、ハンディキャップを持っているのだから、

それに加えて、精神面においても、マイナスを背負ってしまうのであれば、

フランス語で演じることは、はっきり言ってやめた方がいいと思う。

語学教室ではないので、フランス語で演じることによって、俳優として、なにかしらのプラスの面がないと、

正直、私の未来はない。

 

いや、やはり、フランス語、日本語に関係なく、

怖いものは、怖い。

 

そもそも、演劇とは、稽古の期間に、

新たな思考と身体を、自分の中にデザインしていく作業である。

構築された思考(台詞も含む)は、情報量によって、保たれるので、

情報量が少なくなることで、

思考の断絶が生じる可能性が増えてしまうのだ。

私は、そもそもドイツ系(ブレヒト的な)の演技タイプを好む俳優なので、

「役に入り込む」とかそういう思想には、一切興味がないのだが、

最近、「恐怖」と戦うために、

ちょっと試している感覚が、

「空間に入り込む」というものである。

「役に入り込む」と、自分の内部に意識が集中してしまい、

周りが見えなくなってしまう恐れがあるのだが、

「空間に入り込む」ことで、外部からのフィクションとしての情報量があがり、

俗にいう「第四の壁」を建設せずして、稽古で作り上げてきた思考の断絶を防ぐことができる。

もしくは、その「空間」の中で、新しいものを生産することもできるのではないだろうか。

 

それにしても、この「恐怖」との戦いは、長丁場になることが予想される。

そもそも、俳優にとっての「恐怖」というものは、

人間にとっての食事と同じくらい身近なものなのだから、

俳優は、もっと「恐怖」を語る権利があると思う。

そして、救いなのは、いい俳優たちのなかにも、

毎回毎回、尋常ではない「恐怖」を抱えている俳優は存在するということ。

 

つまり、重要なのは、

緊張を克服することではなく、

緊張のお世話をしてあげること。

 

IMG_3830.jpg

千秋楽前の最後のマイクチェック。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中