大女優に学ぶ演劇論シリーズ第二弾「腹八分目、稽古八分目。」

幼い頃、よく祖母から「腹八分目」と言われていて、

その習慣は守り続けていたものの、

いつの頃から、食後のデザートが欠かせなくなったので、

結局腹いっぱいになって、ごちそうさまをする今日この頃。

 

それにしても、腹八分目とは、

なんて控えめで美しい言葉だろう。

20%を残すという美学がなんとも日本的で賢明な態度である。

 

前回に引き続き、

大女優に学ぶ演劇論シリーズ第二弾は、

まさに、この「腹八分目」がキーワードである。

彼女の稽古を見ているとわかるのが、

どんなに骨格を正確に構築していっても、

肉付けは行わないということである。

つまり、稽古の段階で、骨格のみの「八分目」をキープし、

繰り返すたびに、残りの20%を肉付けする。

ただし、この肉付け部分に関しては、使い捨てなのである。

繰り返されるたびに、解体される肉部分。

肉はとっておくと腐るから、毎回捨てて新しいものをまた骨格につけていく。

 

これは、簡単なようで、予想以上のエネルギーを必要とする過程である。

肉は、外部の空気に触れる最も重要で、繊細な部分であるから、

この肉を新鮮に保つために、その都度並々ならぬクリエイティビティが求められるのだ。

 

そんな大女優は、相変わらず、舞台の外ではあっけらかんとしていて、

演出家に褒められても、

あなたにはわからないかもしれないけど、すごい難しいのよ!と念を押す、茶目っ気ぶり。

私のアクセントに対しても、非常に寛容で、

自分にはできないことだから、羨ましい!と褒められる。

 

そんな彼女から、先日頂いた極上の一言。

「常に、上を目指しなさい。」

演劇の稽古というと、どうしても、同じことを繰り返すというイメージがあるのだが、

実は、その真逆。

例えるなら、スポーツ選手の精神で、

フィールドに立つたびに、1秒でもはやく、1センチでも高く上を目指すのだ。

個人的には、ずっと自分の演技に安定感がないことが、

一番の弱点と認識していて、

その克服を目指して、日頃意識していたのだが、

目指すべきところは、その逆だったと思い知らされる。

いい演技ができた時、

その演技をもう一回やろうとするのではなく、

ベストを更新した自分に残される課題は、

その自己ベストの更新という、実にシンプルなもので、

自己ベストをキープすることではない。

 

20%の肉付けで自己ベストを更新し続けるためには、

稽古の段階で、

いかに八分目までの骨格を、

頑丈につくれるかがポイント。

ここには、思い切りなどではなく、

建築家のような緻密さが求められる。

 

「常に、上を目指しなさい。」

この言葉を胸に、

もはや安定感ではなく、

アスリートの精神を求めて、

強気なわたし。

 

スクリーンショット 2016-05-11 13.34.17.png

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中