動いていないのに過呼吸になる恐怖の俳優エクササイズ

いろいろありましたが、
2014年度すべてのスタージュを終えました。
ロシア現代劇作家、イヴァン・パヴィリエフに関する、
授業を行ってきたのですが、
演技に関する、
今回のポイントは、
「自分に戻る」
俳優にとって、
観客に見られていることを完全に意識しながら、
舞台で演じることは簡単でも、
舞台で演じないことは、
おそらく至難の技。
この「自分に戻る」ポイントを、
演技の中に散りばめていくことで、
観客にとっても、
俳優にとっても、
舞台空間における要素として、
責任感が増す。
たとえば、
観客を前にして、
腕を組んだり、
足を組んだりせず、
ただ椅子に腰掛け、
順番にそれぞれの観客と目を合わせていくこと。
なんでもないことのようですが、
特に、日本の文化背景のなかで育ってきた私にとっては、
地獄の訓練。
もちろん、
フランス人の俳優にとっても、
演じていない状況で、
観客の視線を意識しながら、
舞台上に存在することは、
やはりストレスフルな環境のようですが、
日本人よりは、
教育システム上、
人の前に立つことには、慣れているそう。
「自分に戻る」ポイントを取得することで、
爆発的な演技を生かすことができると言われ、
最終週は、
徹底して、
このことだけを意識して、
作品を作っていきました。
極端な例ですが、
マスターベーションをしながら、
モノローグを語るというシーンがあり、
このシーンを観客を完全に無視した中で、
(例えば、照明によって、客席は全く見えないような状態、
 もしくは、観客がいないという程をとること。)
演じることは、
ある種の「演劇」というコードが発生することにより、
大して難しいことではないと思うのですが、
全く同じことを、
観客がここにいることを認識している中で、
行うということは、
途端に難しい、
簡単に言ってしまえば、恥ずかしい行為になります。
なぜなら、
竹中香子が演じている役が、
観客の前で、
マスターベーションをしているのではなく、
役を演じている竹中香子が、
観客の前で、
マスターベーションをしているというように、
すり替わってしまうからです。
かつ、この訓練は、ひとりで行うことができないので、
授業の時間を使って、
全員に協力してもらい、
まず、ただ座るということから、
徐々に、台詞をただしゃべるだけ、
演出プランと創っていきました。
他の生徒も、
このエクササイズを体験したのですが、
舞台にいるときは、
飄々としているように見えたのに、
舞台を離れた途端、
過呼吸に陥った生徒もいました。
最終日のプレゼンテーション、
はじめて、
フルで、
この状況下に、20分程度いたので、
後半、演出とは関係なく、
おそらく恥ずかしさと気まずさから、
猛烈に涙が流れてきて、
それでも、観客から、意識をそらすことだけはせずに続けていたら、
最後の3行は完全に、
気持ちよく舞台に「いる」ことができて、
いつのまにか、観客のみんなと一緒に笑っていた。
あらためて、
演劇の訓練は、
ひとりでできないのだということを確信して、
学校という場所の必要性を感じた。
ただ、もちろん、
集団の欠点というのもあって、
疲れがたまってきているときなど、
簡単に、それが伝染して、
グループ全体のエネルギーをさげてしまう。
9月から、ノンストップだったスケジュールに、
11人全員、
体力的にというよりは、
精神的にかなりぎりぎりの状態だった、
最後の2週間。
それでも、
なんとかなんとか、
みんなで持ちこたえながら、
最終日は、
みんなで手分けして作った食事と、
学校が用意したシャンパンで、
乾杯。
全員徒歩5分圏内に住んでいるので、
終電を気にせず、
ミラーボールと、
カラー照明で、
クラブと化した学校で、
踊り続けました。
そして、今日から、
待ちに待った冬休み。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中