インプロビゼーションにおける確信犯的非効率のすすめ

指導者のいない、私たちだけのスタージュも、
今週で終わり。
何も正解がない、
むしろ、
正解を出さないことが正解のような、
それぞれのプロジェクト「recherche(リサーチ)」のための期間に、
最初は戸惑いでしかなかった。
しかし、ひとたびダイレクトに結果を求めない、
この時間に慣れてくると、
なんとも贅沢で居心地がよく、
将来このメンバーで、
あーだこーだいいながら創作している様子を、
こっそり想像する。
演劇というような、
見せる(魅せる)芸術において、
信頼関係なしには、
この期間は存在しない。
リーダーからの課題を発表し、
たとえ、思っていた通りにできなくても、
終わったあとのディスカッションで、
必ず心ゆくまで言い訳の時間を与えられる。
言い訳しながら、
実際どのような意図があったか、
どうしてうまくいかなかったのか、
他人の頭と時間を使いながら考察していく。
例えば、
私がメインでキャスティングされている、
エドワード・ボンドの3人芝居。
オープニングに、私ひとりで、
10分程度、ひとりで舞台の上にいるシーンがある。
台詞は一切なし。
前回の稽古では、
このシーンのインプロビゼーションとして、
演出家はなんと70分も費やした。
70分間、
演出家と共演者が見つめるなか、
わたしは、一人きりで舞台の上。
インプロビゼーションなので、
やることは一切決まっていない。
もちろん、このインプロビゼーションの目的は、
リサーチなので、
彼らを楽しませることが目的では決してない。
むしろ、彼らの視線や存在からくる、
一定の緊張感を、
こちらがあくまでも利用し、
自分のなかでリサーチ作業をしていくのである。
日本にいたころは、
俳優訓練としてのインプロビゼーションというと、
発想力や、瞬発力を鍛えるイメージが、
漠然とあって、
常に自分というものを図られているという自意識から、
どうしても好きになれなかった。
ただ、指導者という、
一種の権威が存在しないスタジオ(教室)での、
インプロビゼーションが向き合う相手は、
自分自身のみ。
この機会も、状況も、ストレスも、
すべて自分のためだけに利用してみる。
このような作用は、
グループ間でのインプロビゼーションのなかでも、
しばしば起こった。
例えば、
10人で、あるテーマと、
プロジェクトリーダーのディレクションによって行われた
インプロビゼーション。
その日、わたしは、全く気分が乗らず、
輪のなかに入っていくことができない。
できないといっても、
ふりをすることはいくらでもできる。
俳優じゃなくても、
「ふり」をすることはできる。
場に馴染むこともできる。
ただ、
俳優なら、
このリサーチの時間に、
「ふり」をすることは罪だと思う。
リサーチが許されたメンバーに対する信頼関係への冒涜だと感じた。
だから、ひとりぼっちでも、
ひたすら「待つ」
自分の中で起きていることと、
自分の外で起きていることに、
耳を傾けながら、
ひたすら「待つ」
ただ、
アクティングエリアの外に出るという選択だけは、しない。
気分が乗る日も、
乗らない日も、
私たちの職業は、
そう簡単には変えられないから。
なんて、
非効率な時間を、
今月に入ってから、
たくさん過ごしてきただろう。
ただ、
この確信犯的非効率を、
続けられることの、
贅沢さは、
ミシュラン三ツ星だと思いながら、
週末は久々の外食。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中