ピナ・バウシュの魔術師ダンサーによる魔法ワークショップ

年明け一発目は、
ピナ・バウシュ・ヴッパタール舞踊団にて、
1970年代からピナ・バウシュと活動をはじめ、
ほぼ全作品にて踊り続けたダンサー、
Francis Viet氏による1週間のスタージュ。
自己紹介なんて、
しみったれたものは抜きに、
突然、
音楽がかかり、
まるで、
子どものようなつるつるの表情で、
へんてこりんな、
ダンス?運動?
が、始まる。
よくわけのわからないまま、
見よう見まねで、
まねっこする私たち。
ものの2,3分で、
何にもしゃべらない自己紹介、
完了。
『春の祭典』(1975)


『Barbe Bleue(青ひげ)』(1977)

『Palermo Palermo』(1989)

映像で見ても、
圧倒的なパフォーマンス。
それにしても、
鮮やかすぎる。
2010年、
新国立劇場演劇研修所修了生のためのサポートステージ、
ベルナール=マリ・コルテス『ケ・ウエスト』(西埠頭)の
振付では、
日本に2ヶ月滞在し、
共同製作もしたそうです。
http://www.nntt.jac.go.jp/play/20000378_2_play.html
フランシスのスーパー・シンプルな振付は、
自分が振付けしたような気分にさせる。
かつ、
となりで同じ動きをしてるクラスメートが、
振付けしたようにも見えてしまうから、
不思議。
最初の3日間は、
創作の連続。
与えられるいくつかの言葉をもとに、
思いついた人から順に、
作品を発表していく。
初日のお題は、
「sacré(神聖な)/peyen(キリスト教にとっての異教)」
冬休み前の3ヶ月は、
なんとかヨーロッパで、
演劇を勉強していく上で、
必要な知識を取り入れようと、
がむしゃらで、
創作のときも、
あまり日本に関係することは、
避けていたのですが、
年末年始に帰国して、
やっぱり、
日本のテレビは、
”超”面白かったり、
紅白には、
知らない人たちがたくさん出てたり、
好物の魚の西京漬がおいしかったりで、
「ジャポニズム」を扱うのではなくて、
私の育ってきた、
我が家のこたつ周辺の記憶を、
扱うこととして、
捉えてみたら、
ナルシスティックな抵抗も、
意地っ張りの違和感も、
きれいさっぱりなくなっていました。
ちょっと遅れているけど、
AKB48『会いたかった』の動画を、
神様にみたて、
小さくアイドルっぽいダンスを踊ったら、
フランシスのアイディアで、
12人全員で、
映画『アメリ』のサウンドトラック『Guilty』に合わせて、

恥ずかしがりやさんの恋する乙女のダンスが、
完成。
まさに、
マジック。
他にも、
生徒からでてきたアイディアをもとに、
びっくり箱のような、
1時間のスペクタクルが、
完成しました。
ヴッパタール舞踊団で、
さまざまな国籍の人たちと、
一緒に踊ってきたフランシスにとって、
私は、
フランス人に対しての、
日本人ではなく、
世界の中のフランス人と同じ、
世界の中の日本人だった。
だから、
自分の「国籍」じゃなくて、
自分の「記憶」に、
タッチすることができたんだと思う。
どんなに頑張っても、
テキストを扱うと、
理解度がみんなより、
(恥ずかしながら)
3割、多いときには、4,5割減くらいになってしまうので、
今回は、
はじめて、
10割わかったスタージュ。
アイ・ウェイウェイのおかげかどうかは、
わからないけれど、
年が明けて、
80%でいいものやるより、
100%ですごくいいか全然だめかわからないものをやろう。
という、
度胸が据わった気がする。
謝謝。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中