女子としゃべってフランス語特訓〜小栗 左多里『英語ができない私をせめないで! 』

さてさて、
IKEAに行ったり、
家具をもらって来たり、
さらには、
作ってもらったりもしながら、
なんとか、引っ越し終了。
家の近くの教会から、
ひっきりなしに鐘の音が聞こえて、
お洒落だけど、
さいたまっ子の私には、
ちょっとうるさい。
アパートの窓からの景色。
窓から景色
昨日から、『ダーリンは外国人』の著者、
小栗 左多里さんの『英語ができない私をせめないで!』を読みながら、
自分がフランス語と格闘した2年間を思い出したりしました。
さおり
いわゆる「できる」人が書く、
とっておきの参考書、教本と違って、
自称「二ヶ月坊主」の小栗さんの視点は、
とっても、穏やか。
そして、なにより、この視点を、
世の中の大半の人は共有している。
語学において、
一番忘れてはいけないことだと思うのは、
全くしゃべれなくても、
私の実年齢は変わらないということ。
これは、
教える側にも、
教わる側にも、
重要なポイントで、
私は、この感覚で先生を選んできました。
私を、25歳として扱ってくれる先生。
私が、25歳のままでいられる先生。
特に、演劇をする上で、
必要不可欠なのが、
会話と発音。
どちらも、
初級、中級のうちは、
どうしても幼く見られがちなポイントです。
でも、
ここで、
可愛がられたり、
なめられたり、
優しくされたり、
子ども扱いされていては、
25歳の私が、廃る。
最初の1年目は、
どうしても発音のせいで、
幼くなってしまうならと思い、
意図して、
この発音の悪さを利用し、
自分の中では、
25歳の威厳を保ちました。
2年目は、
とにかく発音に力を入れて、
後半から、ネイティブらしく話すことで、
文法がおざなりになってしまうという問題に直面したので、
いかにゆっくり正確に話せるかを心がけました。
そして、2年かかって、
念願の大学入学レベルの「B2」を取得することができました。
いま、一番の課題にしているのは、
「女子トーク」
女の子の女の子だけの会話は、
ヒートアップしてくるとものすごい速さに。
そして、私が、ハンデがあることもおかまいなし。
聞き取れなかったときには、
すぐ聞き返す。
1秒でも遅れると、
もう、このラウンドは完全に見送りすることになってしまう。
命がけの恋バナ。
それは、
もちろん、世界共通、
女の子の一番盛り上がる話題。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中