石田衣良『シューカツ!』と南仏アパート探し

子どもの時、
石田衣良さんを扱ったドキュメンタリー番組で、
何もかも真っ白にしているという、仕事部屋を見て以来、
おこがましいけど、
その習慣を、
私も、極力まねさせて頂いている。
ちなみに、その時に読んでいたのは、
『うつくしい子ども』
うつくしい
このタイトルに出会って以来、
タイトル、もしくは、劇団名というものに、
絶大な信用を置くようになりました。
そんな、石田衣良さんの最近の作品『シューカツ!』を拝読。
books.jpeg
タイトル通り、
大学3年生の女の子が、学内の仲間と「シューカツプロジェクトチーム」を結成し、
全員で最難関マスコミ合格を目指す話。
フランスに来てから、
2年間、受験生であり、
内容からすれば、かなり、
シューカツ生だった私には、
最も遠く離れたところにいそうで、
実は、恐ろしく身近すぎて、
まっさらな青春小説なのに身震いしながら読みました。
「この1年で、『一生の仕事』を決める」
そんなフレーズを、何度も本文の中に目にしながら、
私は、
9月から始まる新学期に向けて、
モンペリエで、
「3年分のアパートを5日で」決めようとしていました。
住んだこともない土地で、
家賃や治安、なにもかも吟味しなければいけない決断に、
かなりナーバスになる日本人な私に、
フランス人は、一言。
「気に入らなかったら、来年、引っ越しなよ。」
たしかに、フランスでは、
学生向きのワンルームアパートの場合、
家具付のものが多いので、
引っ越しは、日本に比べて断然簡単。
常に、いい物件を探している人も多々。
非正者社員の生涯賃金は1億円に対して、
大企業の正社員なら、2億から2億5千万。
ここを目指すには、新卒のゴールデンチケットを使わなければいけないので、
実質、チャンスは人生で一度きりだそうです。
日本で一番ネックになるもの、
それは、
履歴書の空白時間。
卒業から、就職の間に少しでも、
空白があれば、
きっとどんなにスペシャルなことをしていたとしても、
ゴールデンチケットを逃してしまうのだろう。
フランスに来てから、
時間の感覚がだいぶ変わった。
フランス人は、10代から20代と同じくらい、
20代から30代にかけても、
30代から40代にかけても、
イベント、つまり変化が多い。
大学を3年間で卒業する人なんて、滅多にいないし、
卒業時には、
すでに、
2年間会社で働いた経験がある人もいる。
お金は、
生きていくためではなく、
やりたいことがあるから、必要なもの。
つまり、
やりたいことがあるから働き、
もしくは、
やりたいことがあるから時間を作る。
少しでも、社会のレールから外れて生きていく場合、
自分のやっていることを正当化する哲学がないとやっていけない。
社会に言い訳しながら、
自分には決して言い訳せずに、
踏ん張ること。
自分の一生は、
一回じゃなくて、
何回だってコーディネイトするもの、
し続けるもの。
「この1年で、『一生の仕事』を決める」
決まらなかったら、人生おしまいなのか?
と言われると、
逆に、おしまいじゃないから困る。
私も、26歳という年齢制限を前に、
学校に合格しなかったら人生終わると思いながら、
生きてきましたが、
落ちても落ちても、
人生は終わらない。
だから、困る。
フランスでは、初対面で、
学校や、職業、もしくは、職場を尋ねる代わりに、
”Qu’est ce que vous faites dans la vie?”
シンプルに、
普段「何をしているか」を、尋ねる。
きっと、
恐ろしく大切なことは、
自分のやっていることを、
自分のやってきたことを、
そして、
自分のやりたいことを、
しっかりと、
自分の言葉で相手に伝えられることだと思う。
学生の時、
近所のおばちゃんに、
どうしても、
「演劇」やってます、
って言えなかったことを思い出して、
口の中が、
少しだけ苦くなる。
問題があったら、
また探せばいいか、
と気軽に構えながら、
明日は、
モンペリエにお引っ越し。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中