私を60分で筋肉痛にさせたクロード・レジについて

静岡で毎年6月に行われている、
国際演劇祭にフランス演劇界の巨匠クロード・レジ(Claude RÉGY)がやってきます。
メーテルランク『室内』
http://www.spac.or.jp/f13interior.html
私のクロード・レジ初体験は、2011年。
『Brume de Dieu』(神様の霧)
http://www.theatregaronne.com/saison.php?idevent=228
この公演のためだけに、
既に初演を観て、人生が変わったと言い張る友人と、
一泊二日でパリからTGVに乗って5時間かけていったトゥールーズのThéâtre Garonne
Unknown.jpeg
なんと、レンヌのThéâtre National Bretagneの学校を卒業したばかりの、
Laurent Cazanave(当時21歳)
一人芝居。
そして、現在24歳にして、
すでにこの経歴。
http://www.laurent.cazanave.com/cv_infos.cfm/305661_laurent_cazanave.html
実は、映画『アメリ』にも出演していて、
最近ではパリ・オペラ座等でも活躍している、
コンテンポラリー・ダンスのAngelin Preljocaj(アンジュラン・プレルジョカージュ)
とも仕事をしているそう。
さらには、自分のカンパニーまで創立。
Compagnie La Passée
ローランの話は、この辺にして『Brume de Dieu』について。
この作品は、ノルウェーの作家Tarjei Vesaasの『Les Oiseaux』(鳥)という作品の抜粋で、
当時、フランス語の出来なかった私は、
正直、全くどういうストーリーなのかわかりませんでした。
後で知ったのですが、
フランス人にとっても、
かなり難解なテキストだった様です。
幸運にも、最前列で観ることが出来たのですが、
余りの熱量に、開演とともに息苦しさを感じ、
そこから60分、ほぼ身動きせずに観劇。
『畏怖』
[名]おそれおののくこと。
敬う気持ちと、
恐れる気持ちは、
紙一重。
昔、私にとっての『畏怖』は、
一緒に住んでいた祖母で、
怖くて、怖くて、
いつのまにか、私が祖母の面倒をみるようになっても、
彼女が亡くなるまで、どんなときも怖かった。
でも、この一見ネガティブな「怖い」という気持ちが、
「優しさ」に対する好意を軽く超えて強い感情だということを
私は知っている。
そして、彼女が私の前から、姿を消した瞬間から、
限りなく「崇高」な存在になった。
レジの作品は、
怖い。
恐怖は、
こんなにも人を不安にさせ、
己の脆さを突きつけてくる。
一言も役者から紡ぎ出る言葉がわからないのに、
彼の発するエネルギーに身体が麻痺して、
動けない。
SPACのサイトにアップされたレジのインタビューを見て、
「わからなかった」ことを、
少し誇りに思った。


翌日の肩から首にかけての痛みは半端なかった。
舞台に出てないのに、
観客の分際で、筋肉痛になってしまいました。
パフォーマンス空間で、
何かが「起こる」
その瞬間に、
傍観者としてではなく、
素材の一部として、居合わせること。
極上の贅沢。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中