目も当てられないほどブサイクな男の話 〜マリウス・フォン・マイエンブルク『醜男』〜

ドラマツルギークラス、後期の課題は、
「ドラマツルギーにおけるドイツ現代戯曲」
まずは、先生から計13本の戯曲がPDFで送られて来て、
それを、授業時間外にひたすらみんなで読み合わせ。
全員一致で一押しだった戯曲が、
2008年に書かれた、
Marius von Mayenburg “Le Moche” (マリウス・フォン・マイエンブルク『醜男』)
自分では、まあそこそこかなと思っていた自分の顔が、
実は、あり得ないほど、ブサイクであると、
周囲の人に思われていたことが、ある日判明した男、レット。
彼は、美容整形を受け、
あり得ないほど、美しい顔を手に入れる…
第一回目の授業では、再度全員で読み合わせを行い、
その後、30分時間を与えられて、インターネットで出来る限りの情報を集める。
英語が出来る人は、英語サイトから、
ドイツ語が出来る人は、ドイツ語サイトから、
そして、私は、もちろん日本語のサイトから。
この作業は、実に面白くて、
言語によって、内容はもちろん、情報量が全く異なる。
マイエンブルクは、フランスでは、
オスターマイヤーのドラマツルギーを務めていることで有名。
しかし、彼自身、劇作家であり演出家であることは、
フランスではあまり知られていないみたい。
さらには、
オスターマイヤーが、使うシェイクスピアや、マルタン・クリンプの戯曲は、
すべて彼によって、翻訳されています。
まさに、超人。
どこかで、名前聞いたことあると思いきや、
2010年に世田谷パブリックシアターにて、
山内圭哉さん主演で上演されていました。
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2010/07/post_189.html
マイエンブルクの名を、一躍有名にさせたのが、
『火の顔』Visage de feu (Feuergesicht)
こちらは、サンプルが2009年のフェスティバル・トーキョーにて、
上演しています。
http://samplenet.org/works/『火の顔』/
それにしても、日本の、世界の演劇に対する情報量は、実際かなりのもので、
日本語サイトでしか見つからなかった情報をたくさん、発表することができました。
たとえば、『醜男』の公演ブログより、
『醜男』は日本で生まれた!?
http://http://setagaya-ac.or.jp/buotoko/blogs/2010/07/blog-7.html
ただ、戯曲の翻訳となると、
極端に数が減ってしまう。
日本で翻訳されているマイエンブルクの戯曲は、
ドイツ現代戯曲選 30より『火の顔』のみ。
mayenburug.gif
http://homepage2.nifty.com/famshibata/verlag.html#feuergesicht
やはり、フランス語に翻訳されているヨーロッパ演劇に関する情報量の多さといったら、
かなりのものだと思う。
それは、上演されている演目も同じこと。
公共劇場では、
毎年、フランスのプロダクションとヨーロッパ各地から、
招聘されたプログラムとほぼ半々の割合。
実際、私が、今までにフランスで観た作品で、
衝撃作だったのは、スペインの作品。
アビニョン演劇祭とオデオン座で上演された、
上演時間5時間の大作、
アンジェリカ・リデル 作・演出 ”La Maison de la force”
http://www.theatre-video.net/video/swf/vqkhOqNf
この作品なんかは、スペインでは、過激すぎてどこの劇場にも、
扱ってもらえず、フランスにやって来たそうです。
そして、オスターマイヤーをはじめ、
やっぱりドイツ演劇は外せない。
本場の味がわかる「ホーム」もいいけど、
ちょっと距離を置いたところから、
フランスという、現地より熱いくて、どこか温かい
「アウェイ」で観る海外作品が好き。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中