コンテンポラリーダンスって何?? (アビニョン演劇祭通信vol.7)

昨日は、振付家そして造形作家でもある
クリスチャン・リゾ CHRISTIAN RIZZOの『Sakinan Göze Çöp Batar』というダンスを観てきました。
http://http://www.festival-avignon.com/fr/Spectacle/3386
私は踊れないのに、大の「コンテンポラリーダンス」好きで、
とりあえず、前知識なしに、
行ってみました。
Kerem Gelebekというダンサーのソロで、
舞踏の室伏鴻さんとも、仕事をしたことがある方だそうです。
50分間、
割とスローテンポな動きが続き、
ノイズ的な音楽がアンニュイな雰囲気を醸し出し、
板や、リュックサック、小石、本の束、などなど、
何かのメタファであるだろうオブジェが徐々に舞台上に増えていき、
終演。
正直、何もわかりませんでした。
久しぶりに、こんな「コンテンポラリーダンス」っぽい、
「コンテンポラリーダンス」を観たな…、と思い、
ふと、私にとって、
「コンテンポラリーダンス」ってなんだっけ?
と思い返してみました。
今からさかのぼること7年!!
2005年の1月に革命的な出来事がありました。
桜美林パフォーミングアーツプログラムvol.25
『Cats and Dogs』
http://http://www.kisanuki.jp/news/cats.html
ダンサー、そして、桜美林大学の教授でもある木佐貫邦子先生の振り付けで、
今は、もう桜美林を卒業して各地で活躍されている、
超豪華キャスト。
この公演が私にとって、はじめての「コンテンポラリーダンス」の公演で、
まさに、度肝を抜かれました。
一言でいってしまえば、
「感動した」で終わってしまうのですが、
理由のない感動というものを味わったのが生まれてはじめてで、
頭でも、心でもなく、
反射的に、
内臓がえらく興奮したらしく、動きまくっている。
公演後、
考えてみてもやっぱり意味はわからないし、
言葉にできないからそのときの状況を説明することすら出来ない。
まさしく、
あのときあの場所でしか、
起こらなかったカタルシスによって、
それが、たまたま「コンテンポラリーダンス」と呼ばれているものらしかったので、
私は、「コンテンポラリーダンス」の虜になりました。
1つだけ、私の中で決定的だった今まで観て来たダンスとの違いは、
ダンサーの顔が見えたこと。
ユニゾンで踊るシーンでも、
ダンサーひとりひとりがしっかり認識できたことが、
ひどく物語的で、
leaf.jpg
小さい頃、母とお芝居を観に行った帰りに、
どの役の人が一番好きだったか、
を質問し合ったことを思い出しました。
それぞれが、
それぞれの身体を通して、
それぞれのフィクションを作り上げる。
そこから生まれる、
プロットのない物語は、
何もないだだっ広い舞台の上で、
ぞっとするほど美しかった。
いつのまにか、
「コンテンポラリーダンス」を観すぎて、
「理解できない」ことにも慣れてしまいました。
「コンテンポラリーダンス」に限らず、
コンセプチュアルな作品全体に言えることだと思いますが、
きっと、「難しい本」と一緒。
今、24歳の私、竹中香子にはわからなかった。
10年後に読み返してみたら、もしかしたら面白いかも。
でも、それが出来ないのが舞台芸術の
とても不毛で、
すこし虚しくて、
だからこそ、
いい作品に出会えたときの「プレミア」の力は、
世界を変える!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中