私が一番嫌いなエクササイズと演劇における『不確か性』について

演出クラスの授業で、ウォーミングアップとして行われるエクササイズの中で、
私が一番嫌いなエクササイズがあります。
最大を10として、
空間を全員で歩き回る早さをランダムに4つ決めます。
たとえば、「2・4・9・5」とします。
全員が空間全体に、散らばって立っているところから、
同時に速度2で歩き始めます。
早さの切り替わりは、全員で相手を感じながら変えていきます。
オプションとして、
ひとつめの速度2のときに、
パートナーを決めます。
もちろん、エクササイズの間、一切おしゃべりは禁止。
とにかく、他者、そして、空間を、「聞く」
3つ目の速度9のときに、
速度2のときに決まったパートナーとおなじになるように、
ある「場所」をフィーリングで決めます。
4つ目の速度5のおわりに、
全員で同時に歩くのをやめます。
そして、1つ目の早さのときに決まったパートナーと一緒に、
3つ目のときに選んだ場所に行って、
抱き合います。
ここでの、パートナー選びが最大の難関…
常に空間を歩き回っているので、
お互いに見つめ合っていることも出来ないし、
相手も、自分をパートナーだと思っているか確認できないので、
勘違いかもしれない。
かつ、パートナー選びにばかり集中していると、
全員と速度をあわせられなくなってしまう。
私は、一回自分がパートナーだと思っていた相手が、
すでに他の人とパートナーを組んでいたので、
一人余ってしまい、
それ以来、
勘違いが怖くて、
このエクササイズが大嫌いです。
冷静に、このエクササイズについて、
分析してみると、
他の人が何を考えているか、何を感じているかわからない、という、
当たり前の「不確か性」が、
他者を「聞こう」とすればするほど、
膨れあがっていき、
空間をより危うい場所にしてくるのです。
去年、AICT演劇評論賞を受賞した、
平田栄一朗先生の『ドラマトゥルク―舞台芸術を進化/深化させる者』の、
4883032787.jpg
http://www.amazon.co.jp/ドラマトゥルク―舞台芸術を進化-深化させる者-平田-栄一朗/dp/4883032787
「第6章 ドラマトゥルクと日本演劇」の中で、
上演分析中心の入門書として必読3冊があげられています。
『ポストドラマ演劇』ハンス=ティース レーマン (著)
http://www.amazon.co.jp/ポストドラマ演劇-ハンス-ティース-レーマン/dp/4810201376
『パフォーマンスの美学』エリカ フィッシャー=リヒテ (著)
http://www.amazon.co.jp/パフォーマンスの美学-エリカ-フィッシャー-リヒテ/dp/4846003280
『演劇学の教科書』クリスティアン ビエ (著), クリストフ トリオー (著)
http://www.amazon.co.jp/演劇学の教科書-クリスティアン-ビエ/dp/4336051054
2冊目の『パフォーマンスの美学』
この本には、もはや世の中にこれ以上、革新的な出来事なんて起こりえるのかと思えるほど、
舞台芸術史において、
「起こった」出来事が、
余すところなく書かれていて、かつ、見事に分析されています。
4846003280.jpg
すべての事柄は、
「新しい」「革新的な」ものとして、そのとき、その場所で、起こっったものであり、
そして、いま、「過去」の出来事とみなされているだけなので、
ここを知らない限り、
「新しい」ことを目指すのは危険だと、
改めて感じました。
この本の「第3章 俳優と観客の身体(ライブ)の共在」 
の中で、以下のようなことが書かれていました。
「ヘルマンが論じたように、上演の表現媒体(メディア)上の条件は身体(ライブ)の共在にある。これが成立するためには、俳優と観客の『行為する』人々と『観る』人々の二つのグループが一つの場所に集まり、ある一定の時間を共有しなければならない。(中略)
観客は、笑い、おもしろがり、ためいきをつき、うめき、しゃくりあげ、泣き、足を踏みならし、椅子の上で前後左右に身体を動かし、緊張した面持ちで前のめりになって舞台に集中し、あるいは、リラックスして背もたれに寄りかかるかと思えば、ほとんど動かなくなることもある。(中略)
俳優の演技は、観客の反応によって集中力が変化し、声が大きく深いにも、逆にますます魅力的にもなる。(中略)
このような不確定性は、十八世紀末以来、舞台芸術の欠点ないし厄介ごととして見なされて、いかなる手段によってでも取り除くこと、あるいは、最小限にすることが求められていた。(中略)
1876年、バイロイト祝祭劇場の最初の公演において、リヒャルト・ワーグナーは観客席を完全な暗闇にした。
つまり、今では当たり前とされている、
上演中、客席を暗転にするという行為は、
観客の「不確定性」を排除しようという、
舞台芸術において、
最も意地悪で、不条理な行為だったのです。
私の大嫌いなエクササイズと同じように、
「不確か」なことがらは、
いつも、私たちを不安に、
そして、臆病にする。
でも、同時に、
「俳優と観客の身体(ライブ)の共在」の場で、
起こった小さな行為は、
ありえないほどの、
「どきどき」と、
「わくわく」を、
孕んでいる。
私は、この「不確か性」に、
舞台芸術の情熱を感じる。
客席の明かりをつけたまま舞台に立つ強度を、
パフォーマーに課すこと、
そして、
くりかえし同じものを上演するという、
上演芸術の「反復性」が、
いつ、どんなときでも「一回性」のものになることを期待します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中