インプロに関する恥ずかしい勘違い@ワークインプログレス・ドストエフスキー

コンセルバトワール15区の公演が終わったのもつかの間、
昨日は、演出クラスで6月に行われる公演、
『ドストエフスキー・ナイト』のワークインプログレスでした。
先生の知り合いのプロの演出家や役者の方々が、
6人ほど参加してくれました。
2時間の公演のあと、1時間のディスカッションの予定でしたが、
いつもどおり、ディスカッションが白熱して1時間延長しました。
火曜日に公演が終わってから、
授業以外は、
昼寝ばかりしていたので、
すっかり稽古ができず、
4月にもまたワークインプログレスが行われる予定だったので、
今日は断念しようと思っていたのですが、
スタジオについたとたんに、
先生のマリオンに、
「発表、香子ちゃんから始めるからね!」
と、断言されてしまい、
もはや断れない状況。
マリオンは、いつも、
「いかに、作品に『インプロ』の場所を残せるかが、作品をいつでも初演に保つ秘訣だ」
と、私たちに言います。
なので、
準備不足だけど、新しいお客さんもいるし、
やってやるぞ!
と思って、私の約30分間の一人芝居、
ドストエフスキー『おかしな人間の夢』より、『おかしな香子の夢』スタート。
おかしい…
もちろん、今までにも、何回も皆の前で、
発表しているので、
滞りなく出来たのですが、
「インプロ」も、
「ミラクル」も、
何も起きなかった。
その分、自分の演出を丁寧に忠実に落ち着いてできて、
終わってからのディスカッションでも、
構成について、褒めていただけましたが、
役者としては、
もっと、もっと、
あの時の、あの空間でしかプレゼントできない、
お客さんへの『おまけ』が、
絶対的に不十分だったと思う。
それが、なかったからといって、
作品には支障はないのですが、
やっぱり『おまけ』こそが、
作品をちょっとだけ、
もしかしたら、根底からリッチにする。
おそらく、
マリオンのいう「インプロ」とは、
この『おまけ』のこと。
つまり、私の恥ずかしい勘違いとは、
本番で「インプロ」が生じる余地を残しておくためには、
稽古しすぎてはいけない、と思っていたこと。
「インプロ」(ミラクル)は、
稽古に、稽古を重ねて、初めて生まれるもの。
稽古不足のときには、絶対に期待できない。
むしろ、期待してはいけない。
それは、ただの「怠慢」
逆に、本番で、稽古通りのことが行えるように、稽古するんじゃなくて、
本番で、ミラクルを起こすために、稽古しまくる。
稽古しまくってるからこそ、
勇気を出して、「インプロ」(リスク)を冒せる。
ということがわかったので、
無理矢理やって、
恥ずかしい思いができてよかったです…
反省。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中