初めての短編映画撮影『白紙結婚』

人生初めての短編映画に主演しました。
しかも、フランス語で笑
フランスでも割と問題になっている「マリアージュ・ブロン」のお話。
「白い結婚」、つまり「白紙の結婚」のことです。
実際、外国人が滞在許可証を取得するために、
お金を払って「居住権」を買うことで、
ある意味、真剣なビジネスです。
私が演じたのは、不法滞在中かつ路上で生活してる外国人の女の子。
路上で若者の電話ごしの会話から、
どうやら彼が結婚をせかされているらしいことを知ります。
すかざず、彼のつとめるカフェに入り、
コーヒーを注文。
お金を払わずに出て、
彼が追いかけてきたとたんに、
「私、今日から、あなたのうちで寝る!」
といって、キス。
IMG_0345.jpg
そうして、パリの高級住宅地にある彼の家に転がり込みます。
IMG_0342.jpg
そして・・・
IMG_0344.jpg
監督の彼は、演出クラスにたまに見学に来ていた、映画先攻の学生。
もう何本も映画を撮っているらしく、
年下なのに、
かなりカリスマ的でした。
演出クラスで、
ドストエフスキーの『おかしな人間の夢』という作品の、
インプロビゼーションで一回だけ、デュオをしたことがあったのですが、
そのときに、
マキ・カウリスマキの映画に出てきそうって思ってくれたそうで、
今回の短編映画への出演につながりました。
シナリオがあると逆に台詞に縛られてしまうと思ったらしく、
一切シナリオはなし。
シーンごとに、口頭で説明を受けて、
その場で即興でシーンを作っていきました。
かなり、リアリズムをあえて無視するような作品だったのですが、
映像って、
空間的に、
絶対的にリアル、というか日常と地続きなところで、
芝居(虚構)を生み出していくって、
なんてインデペンデントな芸術なんだろうか、
と恐れ入りました。
来週、結婚式のシーンを撮影して完成です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中