2カ国語演劇。

演劇における、「台詞」そして、「言葉」という存在を、
やたらリスペクトせざるを得ない今日このごろです。
一緒に稽古をしている相方が、
日本語のテキストあるならそれでもやってみたらといって、
私は日本語、彼はフランス語で稽古開始。
今までの感覚が染み付いているので、
相手が日本語わからないのに、
何故かわたしの台詞の語尾だけはしっかりわかってスムーズ。
そこで大きな変化が二つ。
フランス語戯曲の場合、
今までフランス語でしゃべっていた感覚が、
よりリアルになって、
言葉がびんびん身体に作用してくる。
外国語でしゃべっているときの5倍くらいの感覚で、
すべての「言葉」が身体に感化してくる。
逆に、三島由紀夫『熱帯樹』の場合、
日本語に切り替えたとたん、
台詞の抑揚とか、リズムとか、
アイデアとか、一切捨てられた。
多分、三島の言葉が、
ただそこにあるあるだけで、
十分美しくて、
私は、ただそこにしっかりと存在さえしていれば、
口から、台詞を発するだけで、何も怖くない。
稽古を見学していてくれた、別の子が、
この三島的トリックが、
観ていて一番つよい。と、言いました。
つまり、フランス語で演じるときも、
言葉の意味から、
今直接に感化されるものが少なかったとしても、
自分がどういう状態で、どういう風に舞台に存在するかだけに焦点を当てて、
あとは、
台詞の力を信じきっちゃう。
特に、古典には、有効だそうです。
フランスの演劇は、「戯曲至上主義」とか、
ちょっとアイロニカルに言われたりすることもある様ですが、
やっぱり10代の若い世代の俳優たちが、
自国の古典作品に対し、
言葉の響きとか、
文章のありのままのリズムとかを、
必死に研究している姿は魅力的だし、
決して頭でっかちではないと思う。
その言葉を紡ぎだすための道具としての、
声や身体、
それらを改良していくことにも必死だから。
フランス語で書かれたフランス語の台詞をリスペクトするには、
もちろんまずは発音から。
ということで、
しっかり者の20歳の彼女のおかげで、
発音練習みっちり2時間。
フランス語の台詞、
もちろん作家によりますが、
私がいま扱っている戯曲ポール・クローデル『交換』に関しては、
(日本では、青年団国際演劇交流プロジェクトとして2009年に初演されています。http://www.seinendan.org/jpn/info/2011/04/franck/
とにかく身体に背後のスペースを意識して、
身体の後ろの方に引っ張られながら台詞を飛ばして行く方法と言うものがあるらしい。
もちろん、演出家によってそれは変化されて行くものだろうけど。
あとは、「e」の音に余韻を持たせるとか、
まずは、一通り、
ベースを理解してから、好きにやったらいいということで、
当分は、
発音練習になりそうです。
まだまだは、先は長い!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中