コメディ・フランセーズ『愛と偶然との戯れ』、そして、「型破り」について

2週間前に、先生に、やってみたらと渡された戯曲、
マリヴォー『愛と偶然との戯れ』が、
世界で最も古いと言われている国立の劇団コメディー・フランセーズで、上演中だったので、
学校の友達と、観劇してきました。
gp1112_jeuamourhasard.jpg
http://www.comedie-francaise.fr/spectacle-comedie-francaise.php?spid=285&id=516
コメディ・フランセーズ(Comédie-Française)
1680年に結成された、フランスを代表する、王立の、後に国立の、劇団である。また、その劇団が本拠とする、パリのパレ・ロワイヤルに建つ劇場の名称でもある。レパートリーは約3000と言われる。古典に「当代もの」をまじえた300余年間の公演を集計して、多く上演された作家は、モリエール、ラシーヌ、コルネイユ、ミュッセ、マリヴォー(Marivaux)、フローラン・カートン・ダンクール(Florent Carton Dancourt)、ジャン・フランソワ・ルニャール(Jean-François Regnard )、ヴォルテール、ボーマルシェ、ユーゴーであるという。
300px-Paris_Comedie-Francaise.jpg
ウィキペディアより:http://ja.wikipedia.org/wiki/コメディ・フランセーズ

ちなみに、フレデリック・ワイズマン監督によって制作されたドキュメンタリー映画「コメディ・フランセーズ 演じられた愛」は、必見です。
1枚目の写真からもわかるように、
衣装も装置も、
こてこてな、古典演劇。
専属の俳優は、30人いて、
演目によって、出演者が異なるそうです。
定員が決まっているので、
誰かがやめるときにだけ、すごい倍率のもと、
オーディションが行われるそう。
俳優のほとんどは、国立コンセルバトワールの卒業生だそうです。
2枚目の画像でいうと、
上手の、バルコニー席から観たのですが、
もちろん、上手はほとんど見えない。
そこで、役者が上手で演じているときは、席から立って覗き込みます。
下手側の客席の人たちも、
同じことしてて、
観る方も、まさに、
スポーツ!
ここで、やっぱり想起するのが、
日本の歌舞伎。
もちろん、能も狂言もそうだけど、
ほとんどがレパートリー作品だから、
ストーリーは、もう分かっているのに、
やっぱり、盛り上がる。
コメディー・フランセーズも同じで、
台詞なんて覚えてしまっている観客もいるほどなのに、
やっぱり決まったシーンで、
爆笑。
日本に、来日しているフランスやヨーロッパのカンパニーを観ても、
わかるように、
とにかく、前衛的な作品が多い環境で、
フランス人の生徒たちは、
古典作品なんて、あんまり興味ないんじゃないかしら?
と、思っていたのですが、
大間違い!!
例えば、授業でも、
課題戯曲が自由選択になったとたん、
みんな自ら進んで古典戯曲を選び出しました。
今回のお芝居も、
2ヶ月以上公演されているのですが、
結構、みんな観に行っているみたい。
舞台を観に行くとき、
演出家や、劇団で選ぶのではなく、
やはり演目で選ぶということが、多いようです。
日本の古典芸能とかで、
「型破り」と言う言葉をよく耳にします。
型破り[名・形動]
一般的、常識的な型や方法にはまらないこと。また、そのようなやり方であるさま

でも、「型破り」って、
「型」をもっていないと、
破れない。
日本の「古典」芸能の、
この原則なルールが、
フランスの「現代」演劇の根源なのだと思います。
「現代」演劇の基礎が、「古典」演劇なのではなくて、
現代演劇には、現代演劇の基礎がある。
たとえば、よく私に、
学校の友達が、歌舞伎とか能とか、
大学でどういうふうに、勉強したの?
と、聞いてきます。
つまり、いま、私たちは、
同じ時代に、
現代演劇というものを学んでいて、
彼らは、そのベースとして、コメディーフランセーズで扱われる演目のような、
クラシックの戯曲を当たり前に勉強していて、
知っています。
一方、日本の現代演劇のベースは、
歌舞伎や能に、あると思っているのです。
しかし、日本で現代演劇を考える場合、
ここが、イコールにならないのが、
ミソなのではないかと、感じます。
つまり、「教育」または、「育成期間」として、
ある程度、決められた、
俳優になるために「やるべきこと」「知っておくべきこと」
が、存在しないのです。
私は、
フランス人の古いものに対して、
敬意を持って、
大事にして、
だからこそ、謙虚でいられるところがすごく好きです。
それは、保守的とは違うと思う。
革新的なことは、
自分の後方から攻めないと、
どうやら得られないようで、
なかなか、時間がかかるようです。
「前衛」と呼ばれるものが、
「型破り」と同じように存在するなら、
偶然とか、思いつきとか、
瞬間のものではなく、
ゆっくりゆっくり熟成された
「確信犯的な」ものでしかないと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中