課題戯曲の選択

最近は、半袖で過ごせる陽気が、続いています。
やっと夏が来たのかしら??
どこのコンセルバトワールも課題戯曲を指定しているところは少ないようで、
自分で選びます。
そのとき、重要なのが、
『クラシック』か『コンテンポラリー』かというとこ。
でも、年代によっては、その境がかなりあいまい。
例えば、15区の場合、一次試験はクラシック、二次試験は、コンテンポラリーとなっています。
7月の初めに、一緒に試験を受けてくれることになっている、
フランス人の俳優の男の子が、
私にあいそうなの(何を根拠に??)を、いくつか選んで来てくれて、
その中から、私が、ポール・クローデルを選択して、
ひたすらそれを練習していました。
でも、昨日、他の劇団で俳優やってる人に、
本読みの相手を頼んだら、
彼は、戯曲の選択がよくない!って、ばっさり。。。
やっぱり、フランスにもいろいろ派閥があるようです…
ポール・クローデルは年代的にも、古典に入るか入らないかの作家で、
彼は、日本でいう新劇的な劇団の人だから、
古典戯曲の選択で、なんでもっと、シェイクスピアとか、モリエールとか選ばないの?
っていう感じみたい。。
まあ、こういう感覚の違いは、国籍の問題ではないから、
結局は、わたしが選ばなきゃなんだけど、
7月はまだ右も左もわからずだったので、
言われるがままに、
ouiとか言ってしまいました(笑)
しかも、発音をなおされまくったけど、
いまいち、私の耳では微妙な違いが聞き取れませんでした。
シェアメイトには、『それ、フランス語??』とかいわれるし。
しかも、みんな爆笑。
つられて、わたしも、笑ってしまったけど…
本当、笑ってる場合ではない…!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中