私の演劇史上最大の事件を、

目撃しました。
いまいち冴えない、パリの毎年夏に行われているフェスティバルの参加団体。
http://www.quartierdete.com/programme/spectacles/?id=844
Les 26 000 Couverts
http://espaceclient.fr/26000/index.htm
人間って本当に驚いたときとか、感動したときとか、興奮したときとか、
全く外見には、何も現れないんだな、ということを実感させられました。
もう完全に、『無』
子どもの頃に、誰もが読んだであろうミヒャエル・エンデの物語『モモ』のなかに、
「虚無」ということばが、なんども出てくるけど、
究極の無になってしまって、
あ、虚無ってこんな感じかしら、とか、一瞬思いました。
『Beaucoup de bruit pour rien de Shakespeare』
ーシェイクピアのから騒ぎー
それにしても、まだ、ツアー中なので、
内容は書きません。
ついでに、ツアー情報。
http://espaceclient.fr/26000/image/fichierUpload/calendrier.pdf
というか、書いたら、不毛じゃなくなってしまうから。
演劇の不毛さって、本当に魅力的だと思う。
何がすごかったかだけを、説明すると、
全く気づかないうちに、公演がはじまっていて、
全く気づかないうちに、舞台上にいて、
全く気づかないうちに、俳優の一部になっていて、
全く気づかないうちに、台詞をしゃべっていて、
全く気づかないうちに、2時間経っていて、
突然、カーテンコールがはじまって、
私は、うまれてはじめて、ブラボーって10回くらい叫んでいた。
私が過ごした2時間は、確実に『現実』だったはずなんだけど、
全く気づかなかったけど、やっぱりそれは上演時間2時間の『お芝居』だったようで、
つまり『虚構』だった。
ということは、私の『現実』はどこに行ってしまったのか。
あのとき、私は、いったい何を根拠に、
私の時間が、『現実』だと確信していたのだろうか。
だって、劇場に『お芝居』を観に来ていたのに。
あのとき、自分が考えていたこととか、感じていたこととか、
全部、明確に思いだせる。
でも、いま考えると、やっぱりただの『作り話』みたい。
まるで、『台本』。
たぶん、あのとき、
私は、観客の私じゃなくて、
多分、役者だった。
あたえられたタスクをこなしていた。
ぐるぐるぐるぐるぐる。
こういうことがあるから、
明日もまた、劇場に行ってしまうよね…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中