モーリスベジャール『M』、笠井瑞丈『対』

どちらも一文字の公演を観てきました。
まずは、東京バレエ団、モーリスベジャール振付『M』
$Takenaka Kyoko web
公開ゲネプロを見せて頂きました。
日本人の全身タイツはなかなか素敵だと思いました。
太ももの辺りが、細いから、脚がとても綺麗。
ジョージバランシンの後期の作品の衣装とかも、かなり好きです。
とにかく、全身タイツ好きの私には、今回の衣装は、たまりませんでした。
印象に残っているシーンは、このシーンの後。
$Takenaka Kyoko web
紙吹雪が、舞っているときは、
照明にあたって、金色にかなり鮮やかに見えたのですが、
降り止んだ後、
舞台上は、淡いピンク色にそっと染まっていました。
全体をとおして、この作品は奇抜で、単一的な印象で、
映画のように、シーンが連なって移行していくというより、
スライドのように、イメージがつぎつぎに羅列されていくような感じで、
その表現形態が、合理的で西洋っぽいなあ、
でも、やってる内容は思いっきり日本だよなあ、
そのギャップがおもしろいなあ、とか思いながら観ていました。
でも、このシーンだけは、違う。
日本人をも超えるような、日本的な美学を感じました。
なにか大きなことが、おこった後の場所。
見事の紅葉を終え、くすんだ色の落ち葉でいっぱいの小道。
余韻。
華やかな舞台は、まるで一瞬のようだけど、
その後が美しい場合、時間の流れはのろのろ遅くなっていたりしていて。
このあと当分は、変わらないであろう事後の風景のなか、
ただただそこにぽつんひとりでいてみたり、
それ以前に、起きた出来事を想像してみたり。
こんな、おとしものみたい風景が、美しいなんて、
わたし、得しました!!!
ーーーーーーーーーーーー
次の日は、笠井瑞丈さんの公演『対』
伝説の舞踏家笠井叡さんと笠井瑞丈さんの二人による親子の競演。
笠井瑞丈さんは、当パンで、
恨みを果たします、と書かれていましたが、
始まってびっくり。
いままで観た笠井叡さんの、
どん笠井叡さんより、そのままの笠井叡さんを観れてしまった気がしました。
ルーツというか、根源みたいなのが同じだから、
もちろん醸し出す空気感というのは、
どことなく似ていて、
だからこそ、身体の違いみたいなものがくっきりはっきり見えた気がしました。
大学の、授業でやった随意筋と不随意筋のはなしを思い出していました。
筋肉には、自分の意志によって動かすことができるので随意筋(骨格筋とか)と、
出来ない不随意筋(心臓とか、胃とか)があるそうです。
瑞丈さんは、身体全体として随意筋が多そう。
動きの終着点までも、コントロール出来る感じ。
一方、笠井叡さんは、動きがどこまでもどこまでも
続いていきそうでいかなそうで、
不随意筋だらけのように見えました。
このコントラストが、最高にクールでした。
あと、面白かったのは、L字型の客席が舞踏だったこと。
ふたり踊りに感化されて、
観客の顔が、体が、声が、
ゆがむ、うねる、もれる。
観客が、
面白い舞台は、それだけで成功な気がしてしまいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中