フェイス(s)+権力者たち-オリヴィエ・ロレール写真展

Takenaka Kyoko web
フランス語の教室で、こんなのやってました。
夜は、庭に展示されている写真が、
ライトアップされて、かなりインパクトあります!!
すごい。。
アップに写された、顔写真からの情報が多すぎて、
ちょっと、ぞっとしました。
人の顔って、こんなにいろんなこと、
しゃべってるんだって恐ろしくなりました。
オリヴィエ・ロレールは、ル・モンド、ディー・ツァイト、タイムズ・マガジン、日経マガジンなど世界の各誌で活躍する肖像写真家です。シリーズ『権力者たち』では政財界の大物が、ロレールの鋭いレンズにとらえられています。2007年にパリのヨーロッパ写真美術館で開催された「フェイス」展では、写真と文学、2つの異なる表現の出会いから生まれる可能性を現代作家達のポートレートを通して提示しました。
ロレールの作品は個々のアイデンティティとそれが表現するものとの関わりについて問いかけます。

2010年11月05日 (金) – 2010年11月28日 (日)
東京日仏学院の開院時間に準ずる
入場無料
お問い合わせ: 東京日仏学院(03-5206-2500)

http://www.institut.jp/ja/evenements/10009

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中