桜庭一樹『推定少女』

$Takenaka Kyoko web
$Takenaka Kyoko web
2008年『私の男』で、直木賞を受賞し話題になった作家、桜庭一樹さんの本を読みました。
最近、『私の男』が文庫化されて、最近よく本屋で山積みになってました。
『私の男』を読みお始めたときは、作者が女性なのか、男性なのかずっと気になりながら読んでましたが、
このペンネームは、うまい。
どっちにも、とれるし、性描写が、より怪しくなるというか、
洗練されてるのか、生々しいのか境目がかなり、曖昧でした。
でも、その、曖昧さが絶妙というか。
とにかく、わたしは、男性か女性かわからないまま読んでよかったです。
そして、今回買ってみたのは、『推定少女』
私が、買ったのは、角川文庫の2枚目の写真の方なのですが、
最初に、ファミ通文庫で発売されたので、印象違いすぎます!!
絶対、上の表紙だったら買ってませんね…
内容も、『私の男』とは、うってかわって、
三島由紀夫賞(わたしは、大好きですが、かなりマニアックです。ビレッジバンガードとかで、よく売ってます)的な香りが、ぷんぷんします。
わかり、安く言うなら、秋葉とか、村上隆的な。
この作風で、直木賞はやはり無理かと。
最近、はまっている作家、佐藤友哉さんとも、似ている感じがしました。
で、オフィシャルサイトをみてみたら、
やっぱり、独特(笑)
http://sakuraba.if.tv/home.php
どんどん、はなしが、それてしまいましたが、
賞とか、表紙のビジュアルが与えるイメージとかって、
本当重要だな、と。
これから、メジャーとか、オリジナリティーとかって一生考え続けなきゃ行けない訳で、
メディアに踊らされやすい私は、とくに注意、
と思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中