坂本美雨『PHANTOM girl』

Takenaka Kyoko web-2010052310090000.jpg

待ちに待った坂本美雨ちゃんのニューアルバム、『PHANTOM girl』が先週発売されました!
美雨ちゃんとは、わたしが高校生のとき、演劇のワークショップでご一緒しました。以来、憧れの人で、当時発売されていたアルバム『Harmonius』もきいて、心底魅了されました。
今回のアルバムの最後に入ってる、“A Girl's Waltz”は衝撃的でした。
ダンスとかを観たときに、たまに言葉が入ってきたりすると、やっぱり何か表現するときに、言葉のもつ影響力ってすごいなって思いつつ、悔しいんですが、
完全に言葉を越えてました。
歌詞はなくて、メロディを声にしてるのですが、もうなんかメッセージとかいうか、伝わってくるものがすごい。
気づいたら涙でてました。
ダンスだったら、森山開次さんに、同じような感想をもつのですが、久々の体験で、
むしろ、聞きすぎないようにしてしまう自分がいます。
もったえなくて(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中